VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【エルメスのシェーヌ・ダンクル】が子育てママの毎日ジュエリーに選ばれる理由とは?

使用頻度の高い〝スタメン〟が集まるジュエリートレイ。ジュエリー使いに定評があるオシャレさんたちはどんなラインナップをのせているの?そんな疑問にお応えして、今回はエルメスの「シェーヌ・ダンクル」愛用ママのコレクションを覗かせてもらいました!

*掲載のエルメスジュエリーは私物につきブランド、店舗へのお問い合わせはお控えください。

こちらの記事も読まれています

▶︎セットでも単品でも役立つ新作ジュエリーを発表!

My♡Lineup Jewelry

偏愛系読者たちの
〝結局使えるスタメン〟が知りたい!

カジュアルなTシャツから甘ブラウスまで、テイストを選ばないネックレス。

モノトーンの服のときは大ぶりピアスをポイント使いに。

週6で愛用中のブレスレットは、程よいボリュームがありながら、家事をするときも気にならないほどつけ心地が抜群。

子どもの学校行事などはボリューム控えめなバングルを単品で。

アンシェネ GMは手洗い&消毒するときもつけっぱなしにできる気楽さが◎。

クロワゼットは結婚指輪とも好相性。

塾の送迎にはワンポイントのピアスを。

※すべてエルメス

〝一生物〟目線のエルメスの中
唯一タフに使えるシェーヌ・ダンクル

シェーヌ・ダンクルをコレクションするようになったのは、母業から夜のお出かけシーンまで、幅広く活躍する使い勝手の良さに魅了されたのがきっかけ。エルメスのバッグを使うときは「子どもに汚されないかな…」と慎重になることも多いのですが、比較的手が届きやすくまた、傷がついても「それも味」と経年変化を大らかに楽しめるシェーヌ・ダンクルは、子育て中の今、最強のパートナーと呼べる存在です。

菊地優花さん 主婦

profile/7歳と11歳の女の子ママ。シェーヌ・ダンクルを筆頭に、エルメスのバッグやシューズなどを多数コレクション。普段は甘コンサバなモノトーンの服が好み。

撮影/草間智博〈TENT〉 取材・文/川原江里菜 編集/引田沙羅
*VERY2022年10月号「ジュエリートレイのスタメン、見せて!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)