VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【ハイブランドの黒ボディバッグ7選】パパと兼用できる子連れバッグの正解って?

子どもの送迎や公園遊び、週末のお出かけ…。ママとだけじゃなく、パパと一緒が当たり前の今。子連れバッグは、ママバッグじゃなくて“ファミリーバッグ”の時代!カジュアルな斜めがけでパパも使いやすい、ブランドの「黒のボディバッグ」をご紹介します。

パパと兼用ならメンズがねらい目!
ブランドの黒ボディバ

PRADA

PRADAのアイコンバッグ
「Re-Nylon」が進化して再登場

アイコニックなエナメルメタルのトライアングルロゴと美しいシルエットで有名なRe-Nylonシリーズ。シンプルな見た目ながら、水筒やペットボトルも入る収納力。カジュアルなファッションと合わせてもきちんと見え!
ベルトバッグ[H37.5×W26.5×D10㎝/予定価格]¥225,500(プラダ/プラダ クライアントサービス)パーカ¥37,400 パンツ¥49,500(ともにエイトン/エイトン青山)カットソー¥5,720(ユー・ドント・ラブ・ミー/フォーティーン ショールーム)

DIOR

「サドル」の定番にはマットな
質感がリッチなカーフスキンを使用

マグネット式フラップの内側にジップポケットが付属。荷物の出し入れが多いシーンでも安心感は絶大。
ベルトバッグ[H19×W26×D4.5㎝]¥396,000(ディオール/クリスチャン ディオール)

BALENCIAGA

一見コンパクトなサイズ感ながらも
豊富なポケットで機能性は抜群

子どもの荷物との仕分けに困る鍵やカード類も、4つのポケットやカードホルダー、EarPodsケースでアイテム別に収納を可能に。
ベルトパック[H18×W40×D10㎝]¥188,100(バレンシアガ/バレンシアガ クライアントサービス)

JIL SANDER

さりげなく彫りこまれた
ロゴエンボスとクリーンで
洗練された形が今っぽい

立体的なフォルムは実用性も◎。ボクシーなフォルムはハンサムな印象に。
ベルトバッグ[H10×W32×D10㎝]¥228,800(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン)

SAINT LAURENT

ツヤのある素材でもボディバなら
派手すぎず軽快なスポーティさ

しわ加工されたナイロン素材が日常使いにもハマるデザイン。
ボディバッグ[H17×W25×D9㎝]¥99,000(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス)

CELINE

目を引くロゴ入りのストラップで
バックスタイルもスタイリッシュに

サイドのゴムポケットは除菌アイテムやハンカチなど、すぐに出したいアイテムの収納に便利。
ベルトバッグ[H21×W38×D4㎝/予定価格]¥154,000(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

Maison Margiela

遊び心満載なキルテッドデザインで
ポップでアクティブな印象に

グラム スラムはモードな装いにもカジュアルにもマッチ。荷物を入れても驚く程の軽さで、持っていることを忘れそう。
バムバッグ[H17×W38×D7㎝]¥129,800(メゾン マルジェラ/マルジェラ ジャパン クライアントサービス)

撮影/中田陽子(MAETTICO)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/SHOGO ヘア・メーク/只友謙也(Linx) スタイリング/山本有紀 取材/中村真怜 編集/本間万里子
*VERY2022年10月号「マザーズ? いいえ!「 ファミリーバッグ」の時代です」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)