VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ママ100人に聞いた!復職にむけて買った【お仕事アイテムBEST5】

そろそろ次年度の保育園入園に向け、見学やリサーチを開始している人も多いはず。またこの秋から復帰!という人は準備の真っ最中かもしれません。今回は、復職にむけて買った先輩ママたちが買った仕事用アイテムをランキング形式でご紹介します。

 1位:通勤用バッグ

ロンシャンのバイカラーバッグはカラバリも豊富。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
シャルべとのコラボレーションで生まれたル プリアージュ® トーションは斜めがけできるところもポイント。撮影/宮下昌生
ジャンニ キアリーニの「マルチェッラ」はスクエアでかっちりした表情。
ブレザースタイルにも似合う、モノトーンのアニエスベーのリュック。撮影/小川健太郎

PCも入ってきれいに持てるバッグは定番ブランドから!

1位は、PCやタブレットがしっかり入る大きめサイズのバッグ&リュックがランクイン。ロンシャンのル プリアージュ®シリーズやリュックも人気。ママバッグとしても重宝するブランドですが、カラバリ豊富なうえ新作も登場しているので、オンオフで使い分けている人も多い模様。そのほかに「肩がけできてジャケットにも似合う」ジャンニ キアリーニのトート、「きれいめに合わせられる」アニエスベーのリュック、「かっちりした形でiPadも入る」Diorのブックトートなどにも支持が集まっていました。

 

 2位:疲れないきれいめ靴

保育園でもハンズフリーでスッと脱ぎ履きできるスリッポンが人気。憧れはセルジオ ロッシのsr1。撮影/水野美隆〈zecca〉
どんなスタイリングも気品をくれるローファーも支持率高め。こちらはチャーチ。撮影/西原秀岳〈TENT〉
モード派にはマルジェラのタビも人気で、歩きやすさも抜群。撮影/魚地武大〈TENT〉

低め&太ヒールorきれいめフラットで気分一新!

復職にあたり、きれいめな一足を探すという声が多数。「ぺたんこ靴かスニーカーばかりだったので、新たに低めヒールのパンプスを買い足しました」「ジャケットに似合う一足を新調」「復職したては疲れるので、とにかく疲れないものを」。モードもOKな職場はマルジェラも人気で「ヒールでも疲れない」「sr1など、保育園でもさっと脱げるスリッポンタイプできれいめな一足を狙っています」「通勤時はきれいめなぺたんこ、ヒールを置き靴に」という人も。

 

 3位:財布・IDケース

サルヴァトーレ フェラガモのアイコニックなガンチーニ。IDウィンドウがついているのも特徴。撮影/西原秀岳〈TENT〉
ロエベの大定番、コインカードホルダーはコンパクトなサイズ感に支持が。
ストラップ付きも充実しているプラダ。IDカード用クリアポケットがついたものも。撮影/西原秀岳〈TENT〉

IDカードをさっと取り出せるケースも人気

「家の鍵もカードなので、保育園のカード、社員証、鍵、数枚のクレジットカードと折りたたんだ五千円、免許証だけで外出しています」「保育園送迎で荷物も増える&手ぶらになりたいため、長財布派からチェーン付きミニ財布に転向」など、チェーン付きのお財布でできるだけ身軽に&キャッシュレス化したいという声や、保育園のIDカード&社員証なども入れられるケースを新調したいという声が目立ちました。。

 

 4位:ななめがけスマホケース

定番人気のajewは小銭やアクセサリーなどちょっとしたものを収納できて便利。撮影/草間智博〈TENT〉
カラバリ豊富なボナベンチュラも人気。撮影/五十嵐 洋
プチプラなキャセリーニのクリアケースと取り外せるストラップは、気分やコーディネートによって手軽にチェンジも。撮影/五十嵐 洋

荷物もスマート化でストレスフリーに

真のキャッシュレス派が落ち着くのがスマホ決済。育休・復職を機会に、身軽になるためキャッシュレスを推し進めた人も。「育休中にカード類を見直しできるだけスマホの中に。身軽になりました」「カバンの中を探したり、スマホをしまう手間がないので、送迎の時も便利」「通勤電車の隙間時間でメールチェック、デジタル連絡帳を書いたり、食材の注文をしたりするのでさっと手が伸ばせるケースが手放せません」。

 

 5位:iPhone/イヤフォン/AppleWatchが活躍中!

アップルウォッチにスイカを連動させて、改札もスムーズに。撮影/木村 敦
鍵を開けるのもスマホにするなど家もスマートホーム化して送迎時のバタバタを回避するという声も。撮影/木村敦

忙しいスケジュールを管理するためにデジタルデバイスを更新!

「電車もパッと乗り降り、コンビニやスーパーの支払いでももたつかないので便利です」「AirPodsを買ったら電話対応がしやすくなり、仕事が終わらなかったお迎え後の時間がちょっと楽になりました」「WEB会議のためにAirPods Proを購入」などの声も多く、スマホに続きさらなる充実派はApple Watchも併用しているようです。

 

いかがでしたか?子どもの準備に追われて自分の準備は後回しにというママたちも多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

取材・文/有馬美穂

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)