VERY December 2022

VERY

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

オシャレな人が今「黒よりネイビー」を着る理由!お手本にしたいコーデ3選

ノーブルでいて、黒より軽やか、柔和、洗練…と奥深い魅力を体現するネイビー。〝きちんと見えたい〟というママ的ニーズからでなく、オシャレ目線でネイビーを選ぶ感度の高い人たちが増えています!今回は、オシャレのプロ3人が取り入れている普段着ネイビーコーデをご紹介します。

オシャレプロにも実は多い!
〝前向きネイビー〟派

黒との置き換えでこなれ感&
清潔感両立! ブランドの大物買いも
ネイビー率高め

Bag:THE ROW
Pants:UNIQLO

石岡真実さん
フリーランスディレクター/6歳男の子ママ

黒より軽やかに洗練された印象になれるネイビーは、小柄な私にとって昔から頼りにしているカラー。ずっと狙っていたザ・ロウのマルゴーもネイビーが本命で、ポップアップに行った際、店頭になかったのをバックヤードから出してもらって購入した思い出の品です。キレイめなハッシュニュアンスのシャツコーデにもデニムカジュアルにもフィットする守備範囲の広さも魅力。ネイビーリンクさせたユニクロのスマートアンクルパンツも私的ネイビー名品です。

抜け感の出るネイビーは小物でも好きな色。上から時計回りに)肌の色がキレイに見える気がするH BEAUTY & YOUTHのカップ付きタンクはショートパンツ合わせで。ザ・ロウのグローブは冬の外しアイテムに。マノロのミュールはどんなカジュアルでも品良く仕上げてくれます。

年相応のちょうどいい品が
手に入るネイビーはボブに切って以来
さらに好きなカラー

one piece:ETRÉ TOKYO

曽根加南子さん
フリーランスPR/1歳男の子ママ

ネイビーは元々好きな色でしたが、あえてカジュアルに着崩すのが好みなので、髪をロングからボブにバッサリ切ったことで、コンサバに転びすぎずさらに身近な存在になりました。このETRÉ TOKYOのワンピースも濃紺ながらラフな素材感とワイドシルエットで程よくカジュアルダウンできるのがお気に入り。1枚で絵になるのも助かります。ボッテガのカセットバッグとセリーヌのサンダルのブラック小物で、こなれ度の高い紺黒配色にまとめました。ネイビーと好相性なシルバーネックレスはHARPO。

上)大好きなアソースメレも今年はネイビーを買い足し。どんなカラーともコントラストが強すぎず調和するネイビーはストールとしてかなり重宝! 下)CONNのジャケットは切りっぱなしの裾でカジュアルに着崩せる名選手です。

ショーパン×スニーカーの
どカジュアルでも洗練された
リッチ感が出るネイビー

Jacket:vintage
Pants:ZARA
Bag:Alexander Wang

中津麻由美さん
ファッションディレクター/6歳女の子ママ

ハワイでの生活を経て2年半前に帰国。それまでリゾートカジュアルが多めだった私は、東京に拠点を移したのを機に、キレイめなシティスタイルを楽しむようにネイビーはそれに欠かせないカラーでした。オーバーサイズが気に入っているジャケットは義父から譲り受けたリアルヴィンテージ。それに定期的にチェックするZARAのメンズで見つけた水着をショートパンツとして合わせセットアップ風にまとめました。光沢感のある明るめネイビーのバッグはアレキサンダー ワン。素材や質感違いで重ねます。

上から)マスクまでネイビーでトータルコーデする日も! evolvetogetherで購入。Sporty & RichのロゴTシャツはキレイめにもカジュアルにも愛用。自分自身のブランド、ALMATのパンツは、他のアイテムと濃淡がつく明るめのネイビーにこだわりました。シティ派カジュアルに欠かせないスニーカーはNB一択!

撮影/木村 敦(SNAP分)、魚地武大〈TENT〉(静物分) スタイリング/池田 敬 取材/小森香沙音 編集/引田沙羅
*VERY2022年9月号「オシャレな人ほど〝前向きネイビー〟」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

December 2022

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)