VERY October 2022

VERY

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

無難に見えない『黒トップス』5選!今買って秋まで着られるものだけ厳選

夏本番! 清涼感ある白や鮮やかなキレイ色も目を引くけれど、暑くてコーデが簡素化されがちな毎日で手っ取り早く、きちんとオシャレ見えできるのは結局黒! 黒上手さんに見えるひとひねりトップスを人気ブランドでリサーチしました。

Brand:THE RERACS

シンプル黒にモードをひと匙、
サテンの異素材衿が新鮮!

衿元でオシャレ心を語れるノースリトップス。一見ベーシックながら、リブ素材の切り替えがあり、コーデに奥行きが。背中についたジップもアクセント、後ろ姿も抜かりなしの一枚!
トップス¥27,500(ザ・リラクス)パンツ¥15,000(COS/COS 銀座店)バッグ¥96,800(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)ピアス¥20,900(ハイク/ボウルズ)

Brand:ENFÖLD

リラクシー、だけどきちんと見える黒は
母的行事にもってこい!

ふんわり軽い着心地で涼しげ。シンプルながら腕がキレイに見えるカッティング、タックの入ったショルダーなど計算されたディテールに♡。
ブラウス¥31,900(エンフォルド)パンツ¥42,900(エイトン/エイトン青山)バッグ¥42,900(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)ピアス¥44,000〈アグメス〉ネックレス¥26,400〈アパルトモン〉(ともにアパルトモン 青山店)

Brand:styling/

立体感の美しいパフ袖で魅せる
オール黒ならNOT迫力、優しく見える!

ウエストタックでメリハリも!
ブラウス¥23,100(スタイリング/ バイ ケイ シラハタ/styling/ルミネ新宿1店)スカート¥30,800(アパルトモン/アパルトモン 青山店)バッグ¥79,000(アフラ/三喜商事)サンダル¥31,900(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)ネックレス¥26,000 リング¥51,700(ともにオール ブルース/エドストローム オフィス)

Brand:HYKE

センスきらり、のパワショルブラックで
デニムも一気に更新感!

今っぽさの詰まったパワショルブラウスでいつものデニムもよそ行き、お迎えも堂々行けちゃうスタイルに。ベルトやバッグも黒に徹して夏の黒をとことん、満喫!
ブラウス¥24,200(ハイク/ボウルズ)デニム¥33,000 ベルト¥14,300(ともにロエフ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)バッグ¥33,000〈アラナズ〉ピアス¥50,600〈アグメス〉(ともにアパルトモン 青山店)

Brand:ASTRAET

オーバーサイズ&たっぷりフレアで
歩き姿もサマになる!

肩のラインに切り替えのない袖がシャツの生真面目さを軽減、ゆるっと抜け感のあるスタイルに。ボタンは上まできちんと留めて着るのが今の気分です。
ブラウス¥29,700(アストラット/ユナイテッドアローズ 原宿本店)パンツ¥34,100(ザ・リラクス)サングラス¥53,900(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

\スタイリスト池田 敬さんに聞く/
結局知りたいのは〝行きすぎないのにオシャレな黒〟!

万能な黒は気を抜くと無難にもなりがち。かといって尖りすぎた黒で悪目立ちしたいわけじゃない…つまり知りたいのは、日常でリアルに使えるちょうどいい黒です! スタイリスト池田 敬さんに差がつく黒を教えてもらいました。

IKEDA TAKASHIさん

品のある女らしさの中にも確かな旬を感じさせるスタイルが得意。コンサバ系私立小に通う二女の父としてのリアルな感覚も備え、VERYスタッフからの信頼が厚い。

撮影/金谷章平 スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/福川雅顕 モデル/笹川友里 取材・文/北山えいみ 編集/引田沙羅
*VERY2022年8月号「夏も結局、私たちの毎日は〝黒〟ベース! Part1 スタイリスト池田 敬さんに聞く 結局知りたいのは〝行きすぎないのにオシャレな黒〟!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

October 2022

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)