VERY December 2022

VERY

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

2022夏通勤【最新シューズ25選&コーデ7選】ゆるい足元でもキレイ見えは叶う!

出社率が徐々に上がっている企業も多いここ最近。出社=ONモードには変わりなくとも、長いお家&普段着ベースの日々を経て、“オフィスの足元ドレスコード”も変化したようです。企業ワーママたちのリアルな声から、キレイめ志向さんの心も満たす、次なる夏通勤の相棒シューズ25選とコーデ7選をまとめてご紹介します!

スポサン&グルカもレザーならキレイ見え!

朝夕も着脱1秒!
印象を引き締める白×黒パイピング

【ママ】サンダル¥17,600(ル タロン グリーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)シャツ¥52,800 パンツ¥69,300 ショルダーバッグ¥104,500(すべて3.1 フィリップ リム/3.1 フィリップ リム ジャパン)ピアス[片耳価格]¥29,700(ジャスティン デイビス/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)リング(人差し指)¥11,000〈ワンエーアールバイウノアエレ〉(薬指)¥60,500〈ウノアエレ〉(ともにウノアエレ ジャパン)トートバッグ¥24,200(マッキントッシュ × ポーター/マッキントッシュ青山店) 【キッズ】すべてスタッフ私物

スポサン&グルカ型もレザー!

茶サンダル¥18,700(銀座かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)

黒サンダル¥57,200(ネブローニ/アッシュプラスエリオトロープ)

白サンダル¥19,800(マウロ デ バーリ/プルミエ アロンディスモン)

黒サンダル¥64,900(ヘリュー/エイチ ビューティ&ユース)

COLUMN

\ 私も履いています! /

金森菜月さん(IT企業勤務・29歳)

「外回りが多く、歩きやすさは最重要視。管理職としての印象も大切にしているので、人とかぶらないトレンドを常に意識しています。ザ・ロウのレザーグルカサンダルは一見カジュアルながらコンサバとも相性が良くヘビロテ中」

通勤、学校行事に活躍する「ルームシューズ型」

夏こそ、レザーに頼れば
形がゆるくてもいける!

会議3分前着(!)
涼しい顔は走れる甲深モード靴だから

バレエシューズ¥42,900(ビューティフル・シューズ/ギャラリー・オブ・オーセンティック)ジレ¥46,200 カットソー¥14,300(ともにロエフ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)パンツ¥19,800(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)ピアス¥24,200 チョーカー¥22,000 バングル¥35,200 リング¥35,200(すべてセルジュ・トラヴァル/アッシュ・ペー・フランス(本社))バッグ¥52,800(オルセット/オルサ)

ルームシューズ型もレザー!

見た目のコンパクトさとは裏腹に、柔らかな革とふんわりクッションのコンフォートさ。洗練された印象のオフホワイトと肌馴染みキャメル。
〈右〉¥39,600(BRENTELLA/プラージュ 代官山店)〈左〉¥18,700(アンタイトル)

ラフに履ける「スリッパ型」はレザーが正解

ベルト使いでつっかけでも
端正なローファースリッパ

シューズ¥52,800(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)カーディガン¥8,990 ノースリーブニット¥7,490(ともにバナナ・リパブリック)スカート¥18,700(プラージュ/プラージュ 代官山店)ピアス¥12,650 長ネックレス¥17,600(ともにローラ ロンバルディ/room3138)短ネックレス¥14,300(ローラ ロンバルディ/エリオポール代官山)時計¥25,300(ロバー/ロバージャパン)ストール¥39,600(アソース メレ/アイネックス)バッグ¥68,200(ア ヴァケーション/ガリャルダガランテ 表参道店)

スリッパ型もレザー!

この夏のローファー欲は、素足で履けて軽快な甲深スリッパに頼って。
〈右〉¥14,300(ピシェ アバハウス/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店)〈左〉¥29,700(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)

“通勤は黒派”にオススメの夏シューズ

トレンドの抜け感素材は、
黒を選べばいける!

夏の不快指数を下げる
足元ヌーディは女らしさも

パンプス[取り外し可能バックリボン付き]¥10,780(ル タロン/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)ブラウス¥29,700(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)パンツ¥38,500(カオス/カオス表参道)メガネ¥36,300(オリバーピープルズ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)ピアス¥23,100(ウノアエレシルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン)中指リング[7本セット]¥41,800(セルジュ・トラヴァル/アッシュ・ペー・フランス(本社))小指リング¥77,000(プライマル)バッグ¥19,800(ドレステリア/ドレステリア 二子玉川店)

王道じゃない黒選びこそ
私のセンスの見せどころ

素肌と黒のコントラストで、涼しげヘルシーな肌見せを。甘ブラウスから辛デニムまで、ジャンルを問わずマッチし、装いを軽やかに仕上げてくれます。

エスパドリーユ¥25,300(コール ハーン/コール ハーン ジャパン)

レザーエスパドリーユ¥22,000(テラ デ エスパルデニャス/エリオポール代官山)

オープントウパンプス¥9,900(オデット エ オディール/オデット エ オディール オンラインストア)

ドットバレエシューズ¥10,450(ル タロン/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)

チュールバレエシューズ¥16,500(エフ バイ ウェルフィット/ダイアナ 銀座本店)

働くママに密かな人気
Öffenのメッシュシューズ

ペットボトルリサイクルの糸で作られ、まるで素足感覚な履き心地なのに、オフィス向きの品はキープされた合理的フラット。スカラップカットやリボンなどの甘ディテールに加え、トラッドなローファーもあり多種多彩。丸洗い可が夏に嬉しい。
〈右〉¥14,850〈中・左〉各¥16,500(すべてオッフェン/Öffen_プレス・東京オフィス)

COLUMN

\ 私も履いています! /

長谷川未来さん(特許事務所勤務・38歳)

「今季ZARAで見つけたPVCサンダル。白もありましたが、カジュアルな素材ということもありどんな服とも合わせやすく今のモードな気分にもハマる黒をチョイスしました。肌に馴染んで職場で悪目立ちしないので重宝しています」

夏の通勤スニーカーは「白」が鉄板!

スニーカーは〝履いてる感〟薄い
白ベースローテクならいける!

テニスシューズ発祥の
普遍デザインで長く愛せる一足

スニーカー¥27,500(ヨーク/UTS PR)ブルゾン¥49,500(セオリー/リンク・セオリー・ジャパン)カットソー¥4,990(プラステ)スカート¥18,700(ドレステリア/ドレステリア 二子玉川店)ピアス¥5,500(アルアバイル)スカーフ¥17,600(ロゥタス/ロゥタス カスタマーサービス)バングル¥11,550(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)バッグ¥93,500(ディスコード ヨウジヤマモト/ヨウジヤマモト プレスルーム)

どんなシーンの私も受け止めてくれる
QOL向上の欲張り足元

スニーカー¥13,750(アスファルト/アースマーケティング)ロングシャツ¥28,600(プルミエ アロンディスモン)ニット¥34,100(セオリー/リンク・セオリー・ジャパン)パンツ¥24,200(ルル・ウィルビー/アルアバイル)ピアス¥104,500(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング[5本セット]¥49,500(イオッセリアーニ/アッシュ・ペー・フランス(本社))黒バッグ¥38,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)その他スタイリスト私物

思考停止の朝はコレ一択。
名門靴ブランドの上品ドレススニーカー

【ママ】スニーカー¥40,700(ロトゥセ/リエート)ブラウス[EC限定]¥17,600(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)パンツ¥18,700(ドレステリア/ドレステリア 二子玉川店)ピアス¥16,500(メドゥスィン・ドゥース/ゴールディ アッシュ・ペー・フランス(本社))リング¥13,750(ココシュニック オンキッチュ/ココシュニック)バッグ¥53,900(メアリ オル ターナ)【キッズ】すべてスタッフ私物

新顔ブランド続々!
肌に馴染む白〜淡色カラーが万能

白の中でもこっくりとしたオフホワイト寄りのグラデーションカラーを選べば、唐突感なくコンサバ服としっくり合います。コーデとの親和性の高い控えめな色味を選びさえすれば、堅めな職場だって、スタイルアップやトレンド目線の好きなデザインで自由に遊べる! ぽってりとしたスニーカーが苦手なら、まずはレザー素材の細身シルエットがオススメ。

¥39,600(ブランドブラック/ガリャルダガランテ 表参道店)

¥15,400(バナナ・リパブリック)

¥19,800(パトリック/カメイ・プロアクト)

¥10,450(プーマ/プーマ お客様サービス)

¥33,000(ノヴェスタ/ノヴェスタ ジャパン)

撮影/撮影/木村 敦(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/山本有紀 ヘア・メーク/廣瀬浩介 モデル/申 真衣、タイキ ヨコヤマ 取材・文/吉田なぎ沙 編集/引田沙羅 撮影協力/クッチーナ・ダイノ
*VERY2022年7月号「【大特集】ホテルにも仕事にもこれで行けちゃう時代〝ゆるい足元〟で最高に上がる夏! 2022 Part3 ワーママだってゆるい足元で通勤してる!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

December 2022

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)