VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

30代のワイドパンツ〝ここが難しい〟を解決!

動きやすくて今っぽくなれる人気アイテム、ワイドパンツ。トップスの選択肢も見た目のボリュームも増える冬になると着こなしが急に難しい……との声も。そんな難しさをオシャレに解決するコツをご紹介します。

ここが難しい:01
〝アウターの丈〟問題

長いか短いか、
アウターは“潔く”!

中途半端な丈感は、パンツのワイドなシルエットも相まって下半身が膨張して見えたり、なんだか野暮ったく見えたりする危険性が……!

センタープレスの入ったパンツを合わせて、縦長のシルエットをさらに強調。コート¥36,000(PUBLIC TOKYO/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店)パンツ¥20,000(カレンソロジー/カレンソロジー青山)ニット¥29,000(ソブ/フィルム)ピアス¥3,000〈アーバンリサーチ〉ショルダーバッグ¥9,200〈サミール ナスリ ジェム×アーバンリサーチ〉(ともにアーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店)ソックス¥1,100(タビオ)シューズ¥29,000(オペラ ナショナル ド パリ/アーバンリサーチ ロッソルミネ新宿店)

ここが難しい:02
シルエット問題

「太って見えそう」は
“差し白”テクで回避

ニットとワイドパンツという〝ボリューム×ボリューム〟の組み合わせは、インナーに白を挟んで、ぼやけたシルエットにメリハリを作るのが鉄則。

×メガネで、さらにこなれて。ニット¥15,000(HARLEY/カレンソロジー青山) Tシャツ¥1,500(ヘインズ/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)パンツ¥28,000(ミュベール/ギャラリー・ミュベール)バッグ¥30,000(POTIOR/ショールーム セッション)ペーパーバッグ¥9,800(マディソンブルー フォー ピルグリム サーフ+サプライ/ピルグリム サーフ+サプライ)メガネ¥32,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

ここが難しい:03
股下問題

ぺたんこの日の
股下問題には
ハイウエストが有効

ぺたんこで過ごしたいアクティブな予定が詰まった休日も、トップス面積を減らしてくれるハイウエストなら、テクいらずで脚長に!

 

オシャレ感度の高い、ラップ仕立てのワイドパンツ。パンツ¥33,000(カオス/カオス丸の内)シューズ¥28,000(HENRI EN VAR GO/シティ ニュウマン新宿店) ニット¥9,200(Mila Owen)バッグ¥15,000(ハシバミ×アーバンリサーチ/アーバンリサーチ渋谷ヒカリエ シンクス店)ピアス¥12,000 (NATURALI JEWELRY/NATURALI JEWELRY 西武渋谷店)スカーフ¥11,000(トン デ レヴ/アーバンリサーチ ロッソ ルミ ネ有楽町店)
オシャレ感度の高い、ラップ仕立てのワイドパンツ。パンツ¥33,000(カオス/カオス丸の内)シューズ¥28,000(HENRI EN VAR GO/シティ ニュウマン新宿店) ニット¥9,200(Mila Owen)バッグ¥15,000(ハシバミ×アーバンリサーチ/アーバンリサーチ渋谷ヒカリエ シンクス店)ピアス¥12,000(NATURALI JEWELRY/NATURALI JE WELRY 西武渋谷店)スカーフ¥11,000(トン デ レヴ/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店)

撮影/須藤敬一(人物)、大石葉子〈TENT〉(静物) スタイリング/出口奈津子 ヘア・メーク/川村友子 モデル/鈴木六夏 取材・文/森田晴菜 取材協力/SHARE GREEN MINAMI AOYAMA 編集/太田彩子

 

*VERY 2019年1月号「たくさん歩く日のらくちんカジュアルを更新するなら 週末服は、ワイドパンツが頼みの綱」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ