VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【オシャレなママの自転車コーデ4】そのまま出社もアフタヌーンティーも!

コロナ禍やエコ意識でいままでは電車や車だった距離でも、自転車移動にシフト中のママが増えています。そんな行き先が広がったママたちは、自転車を降りた後の予定に合わせて、オシャレを思う存分に楽しんでいる様子。今回はキレイめ派ママたちの鉄板オシャレをご紹介します。

01
自転車デビューを満喫中!
おしゃれエリアのママ友ランチにも

堤 友香さん 34歳(2歳の女の子のママ)フリーアナウンサー

元々はママ友ランチなどにはスカートを穿いていましたが、自転車移動が増えてからは、甘めのドラマチックブラウスを買い揃えるように。これはマーレットのもの。

自転車生活開始でエルメスのエヴリンが再び大活躍。

前カゴはオシャレなのですが編み目が大きく物が落ちやすいのでアマゾンでカバーを追加購入。

02
出社日は最寄りから
隣駅の保育園に
送迎してから電車通勤!

真下紗枝さん 38歳(5歳の女の子のママ)IT企業勤務

カジュアルな格好もスニーカー通勤もOKな社風ですが、私なりに自転車でも春らしいきれいめ色のパンツとポインテッドトウのバレンシアガのパンプスで仕事スイッチを入れて出発。

アマゾンで購入したケースがあれば、スマホのGoogle Mapsの音声案内がナビに。

大切な靴は、履き始める前にしっかりつま先を保護すれば自転車でも安心。

03
自転車でも気後れせず、
送迎後はホテルの
アフタヌーンティーに

高橋晴子さん 38歳(10歳・8歳の男の子、4歳の女の子のママ)専業主婦

ピンクが目立つので、オシャレランチに行くときは、乗る私自身は、ベージュとモノトーンを基調にした落ち着いたファッションで。

長男のときから使っているギュットはもう9年目。

向かい風で髪が乱れやすいから、前髪を上げて髪をまとめています。カチューシャは華やかさもキープできてお気に入りのアレクサンドル ドゥ パリのもの。

04
春から復職で週1出社
片道10㎞走行します

安澤 絢さん 33歳(5歳の女の子、3歳・1歳の男の子のママ)外資系金融会社勤務

駐輪場に停めて電車に乗るより、そのまま会社に向かうほうが気持ち的にラクで自転車通勤。服をネイビーに統一することが多く、色が沈まないよう車体を水色にしました。

どこにでも自転車で向かうので、ティアキアのスマホホルダーでGoogle Mapsを確認。

スッピンでもシャレて見えるナディアジュエリーで気分を上げます。

撮影/杉本大希(堤さん、真下さん、高橋さん)、木村 敦(安澤さん) 取材/嶺村真由子・高橋夏果 編集/石川穂乃実
*VERY2022年5月号「新モビリティ時代の自転車ファッションは高機能&好感度」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*私物につきエルメス ブティックへのお問い合わせはお控えください

この記事もおすすめ

FEATURE