VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ブラウスで作る【モノトーンコーデ3選】甘派もモード派も!

1年を通して常に人気なモノトーンスタイルですが、今の時期におすすめしたいのが春ならではの「甘さ」の投入!黒の分量が多くても特有の重さが気にならず、しっかり華やいだ印象に仕上がります。そこで今季も人気の甘めブラウスを使った春のモノトーンスタイルを紹介していきます。

ふんわり透けるレースが
黒の重さを軽やかに

撮影/渡辺謙太郎(人物)

足元のロングブーツまで全身黒でまとめたワントーンでも、レースの透け感が重さを払拭。こうしたドラマティックなブラウスが1枚あれば、手持ちのシンプル服も一気に華やぐ!夏前まで重宝しそうなアイテムです。
ブーツ¥23,100(ハンター/ハンタージャパン カスタマーサービス)ブラウス¥19,800(カデュネ)パンツ¥12,100FRAY I.DFRAY I.D ルミネ新宿2店)バッグ¥94,600YOKO CHAN)傘¥10,450THIRD MAGAZINE X WHITE ROSETHIRD MAGAZINE)女の子 ブラウス¥4,620(グリーンレーベル リラクシング/グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)スカート¥22,000YOKO CHAN)シューズ¥3,900OR KIDS /ダブルエー)靴下/スタイリスト私物

 

コンシャス袖の魅力が引き立つ
相思相愛の組み合わせ

撮影/木村 敦(人物)

ブラウス×細身パンツのワンツーコーデばかりでマンネリ化していた人に注目してもらいたいのが、ふんわり袖のブラウス×オーバーオールの組み合わせ。一見、難しそう…と思う人も多いかもしれませんが、実はこの春おすすめの好バランス。オーバーオールの素材次第ではフォーマル対応も可能!
オーバーオール¥61,600(ヒュー・デイ・トゥ・イブニング)ブラウス¥25,300yori)バッグ¥14,300 パンプス¥22,000(ともにツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥3,850no.29/ロードス)

 

ミニマルだけど効果は絶大!
アクティブコーデが一気に華やぐ

撮影/渡辺謙太郎(人物)

黒スウェットとジョガーパンツのスポーティなコーデも、首元にちらっとレース襟をのぞかせるだけで一気にアカ抜けた印象に。甘さたっぷりのブラウスは敬遠しがちに人にもおすすめです。
スウェットニット¥18,700(アルページュストーリー)パンツ¥7,990(アンフィーロ)バッグ大¥48,400(マヌエラ/アイネックス)バッグ小¥27,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)シューズ¥132,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

文/磯部薫

掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE