VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【穿くだけで上級者風デニム】で春のお出かけ7コーデ

日ごとに春めいて、子どもだけでなく大人もお出かけしたい季節がやってきました。日常のなにげないお出かけを、より楽しいものにしてくれるのはやっぱりファッション。ディーゼルの新デニムライン「ディーゼル ライブラリー」は、トレンドだけじゃないずっと穿き続けたくなる「ベーシック」を意識しているから、「何を買ったらいいかわからない」とデニム迷子になりがちなママにもおすすめです。子連れのお出かけには欠かせないデニムスタイルの幅の広さをこの春楽しんでほしい!

 Day1  ピラティス
ママも新しい習い事で自分時間

2022/03/2fe782234b9c5f2941c3203815bd72b7-scaled.jpg

スタイリッシュなスポーティデニムコーデには×白

子どもが幼稚園に入って、久しぶりに自分時間ができるという人も多いのでは? ピラティスやヨガはスタイルUPだけでなく、毎日忙しい家事・子育ての合間のリフレッシュにも。スタジオへの行き来コーデは、ノンウォッシュのきれいめデニムを使ったスタイリッシュコーデがおすすめ。白シャツに白フーディを合わせた大人スポーティの作り方も真似したい!

パーカ

¥30,800

シャツ

¥30,800

デニムパンツ

¥27,500

バッグ

¥20,900

スニーカー

¥53,900

Day2 ママ友お花見会
テイクアウト弁当を持って集合!

2022/03/c4dd21a9189610b8acf1ecd68ac27d55-scaled.jpg

淡色デニム×デニムでトレンドを先取り

大規模なお花見は今年も自粛ムード。そこで今年も、仲の良いママ友と桜がきれいな公園をカフェ代わりに、子どもも連れて集合。気軽な集まりだから、各々自分たちの分のお昼ごはんはテイクアウトで調達くらいが便利。そんなシーンにおすすめは、ほんのりトレンド感とレジャー感のバランスが良いデニム×デニムのコーデ。インディゴではなく淡いデニムカラーで、足元にピンクスニーカーを合わせて春らしさが倍増。

シャツワンピース

¥44,000

ニットトップス(メンズ)

¥30,800

デニムパンツ

¥38,500

ショルダー付きバッグ

¥51,700

スニーカー

¥26,400

Day3 ピクニック
アウトドアレジャーなら家族で思いっきり遊べる!

アウトドアも明るめのカラーで脱マンネリ

つい汚れなどを心配してダークカラー中心になりがちなアウトドアレジャー。でもピクニックぐらいなら、できるだけ明るいカラーでコーデするのが今っぽい。ただ、明るめカラーと言っても、原色系にしてしまうと子どもっぽいから、淡い色のきれい色でまとめるのがおすすめ。特に今年は「たまごイエロー」と呼ばれるやさしい黄色が大人気。それに相性が良いデニムは断然オフホワイト。子どもは、ママのブルーシャツとリンクして、鮮やかなターコイズブルーのベストとダンガリーシャツ。

ママ

コート

¥63,800

シャツ

¥30,800

デニムパンツ

¥34,100

バッグ

¥19,800

スニーカー

¥53,900
キッズ

ベスト

¥22,000

ダンガリーシャツ

¥17,600

Tシャツ

¥12,100

デニムショートパンツ

¥14,300

バッグ

¥14,300

スニーカー

¥19,800

Day4 子どもの習い事送迎
オリンピックに感化されて体操教室へ

上品カラーにアクセントカラーちょい足しが大人のスポーティ

将来どのようなスポーツをするのか関係なく、小さい頃から始めると効率的な体の使い方が身に付くと近所のママたちに評判の体操教室に入会。有り余る体力の発散もできるから、ママとしても有り難い。そんな教室の付き添いは、品の良いスポーティカジュアルで。全体はシンプルに落ち着いた色合いでまとめて、インに着たタートルカットソーや、スニーカーの一部にアクセントカラーをチラッと入れて小技を効かせるのがおすすめ。娘は、下にレオタードを着て行けちゃう、かぶるだけのゆるシルエットのデニムワンピが便利。足元はスポサンからバレエシューズに替えれば、お食事などのお出かけもOK。

ママ

スウェットトップス(メンズ)

¥30,800

タートルトップス

¥27,500

デニムパンツ

¥31,900

バッグ(日本限定)

¥25,300

スニーカー

¥53,900
キッズ

デニムワンピース

¥24,200

肩にかけたパーカ

¥27,500

サンダル

¥12,100

Day5 一人時間お出かけ
子どもはパパに任せて、行きたかったライブへ

2022/03/5-3-scaled.jpg

ハンサムライダースをデニムタイトスカートでフェミニンに

推しのイベントやライブがあるときは、その日だけはなんとしても一人時間を死守したいから、夫とスケジュールを綿密に調整(笑)。そんなたまの子どもナシ時間は、ジャケットで特別お出かけ感を演出。メンズライクなライダースや、パリッとしたシャツを使ったハンサムコーデには、デニムのタイトスカートを合わせれば、カッコいい女らしさが。足元をスニーカーにしたり、プリント入りのバッグで外すことで、頑張りすぎていないオシャレ上級者感が出ます。

レザージャケット

¥225,500

シャツ

¥30,800

デニムスカート

¥31,900

バッグ

¥39,600

スニーカー

¥24,200

Day6 おうち外交
仲良し家族と食べれば家ご飯だって特別!

2022/03/e120b2fe2a80d61ac62f8a9d68067c01-scaled.jpg

おうちきれいめコーデに役立つおしゃれ色カーデ

春休みは少しくらいの夜更かしもあり! 仲良し家族で集まって夕飯を一緒に食べれば、子どもたちのはしゃぎっぷりはエンドレス。大人もおしゃべりとお酒が進んで、日頃の疲れも和らぐ時間。そんなシーンでは、ホストでもお呼ばれ側でも、穿いていて楽ちんな太めデニムときれい色カーデがあると便利。インに着るTシャツも、定番の白よりも、たまごイエローが断然今年っぽい。

カーディガン

¥46,200

Tシャツ

¥19,800

デニムパンツ

¥30,800

バッグ

¥29,700

スニーカー

¥19,800

Day7 週末ショッピングモール
+コストコが我が家の定番コース

デニムスカートを今っぽく着る秘訣は黒まとめ

娘も息子も大好きな雑貨屋さんや玩具屋さんがあって、パパママも代わりばんこで自分の洋服をチェックできるショッピングモールは、特にお出かけの予定がない日曜午後に助かるお出かけ先。車で行くから最後はコストコに寄って当面の食材調達が定番コース。週末のリラックス感があるデニムのロングスカートなら車移動も楽ちん。デニムスカートコーデをハンサムに仕上げるコツは黒スウェットにモノトーン小物。トップスは、コンパクトにまとめるのも大切。息子とは、デニム&黒小物でリンク。スニーカーが黒ぐらいのリンクがさりげなくておすすめ。

ママ

スウェットトップス

¥27,500

ブラウス

¥35,200

デニムスカート

¥38,500

バッグ(日本限定)

¥27,500

スニーカー

¥26,400
キッズ

ジャケット

¥61,600

Tシャツ

¥6,600

デニムパンツ

¥18,700

スニーカー

¥23,100

ママのコーデのデニムは「ディーゼル ライブラリー」から

今季、ディーゼルは新デニムライン『ディーゼル ライブラリー』をスタート。トレンドにとらわれず、長く愛用できるベーシックなシルエットやディテールを取り揃えたデニムコレクションです。またデザインもジェンダーレスであり、環境に配慮した素材を用いたり、生産過程で使われる水や化学薬品を制限したりと、サスティナビリティの追求も。シンプルデザイン、コンセプト共に、VERY読者ママたちにますます愛されるブランドになりそう。

 

お問合わせ先
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリング/坂野陽子〈f-me〉 取材・文/嶺村真由子 編集/永吉徳子

この記事もおすすめ

FEATURE