VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【持つべきネイビーアウター5選】セレモニー服にも合うショート丈が鉄板!

アウターは長いのが断然オシャレ!だった、マキシ丈トレンドから、この春はちょっと変化の兆し。エレガント派の幼稚園ママこそ、ネイビーでも新鮮に見える「短め丈」を狙うべき♡スタイルアップも叶います。

ボンディング素材とアシンメトリーな衿元が印象的なネイビージャケットは、端正さとモードさがいいバランス。ボリュームのあるたっぷりシルエットでも、ショート丈なら下半身がスッキリ見えます。甘ブラウスにセンタープレスパンツの、きちんとスタイルにもニュアンスをオン。

ショートコート¥42,900トラウザー¥25,300(ともにエンフォルド)ブラウス¥62,700(yori)バッグ¥25,300(アンテプリマ/ミスト/アンテプリマジャパン)ピアス¥11,000(トゥデイフル/LIFE´s 代官山店)パンプス¥34,100(チェンバー/エストネーション)

着てるのはコレ!

ENFOLD

ショートコート¥42,900(エンフォルド)

THE RERACS

ハリ感のある素材と黒に近いネイビーのテント型でトラッド感溢れる一枚。
コート¥53,900(ザ・リラクス)

ROPE

セーラーカラーがエレガント。着方次第でいろいろな表情に。
コート¥36,300(ロペ/ジュンカスタマーセンター)

martinique

どんなテイストの服にも合わせやすい万能ノーカーラー。ゴールドボタンがアクセントに。
コート¥46,200(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)

MOUSSY

着た時のコクーンシルエットが絶妙。薄手でさらりと羽織れて使いやすい。
ジャケット¥13,970(MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)

.

撮影/須藤敬一(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) モデル/神山まりあ ヘア・メーク/木部明美 スタイリング/岩田槙子 取材・文/塚田有希子 編集/永吉徳子
*VERY2022年3月号「実用オシャレな短か丈アウターの春が来る♡」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE