VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

低身長さんのスタイルアップ3カ条!“グレーデニム”で視覚効果を狙う方法

人気スタイリストの大野千歩さんは、156㎝とやや小柄ながらそうは見えないバランス感で「背が高そうに見える」コーディネートが得意。今回は大野さんも愛用しているグレーデニムを軸に、カジュアルが簡単に垢抜けて、「Sサイズでもスタイルがいいね」と言われるコーディネートの技を教えてもらいました。

 

こちらの記事も読まれています

▶︎マキアージュの「毛穴レス」ファンデーションで「はじめまして」

大野千歩さんの
辛口コーデのバランスアップテク

☑︎ 顔周りに「白」を入れて全身のバランスよく

☑︎ 斜めがけバッグは腰より高い位置に

☑︎ 足元はボリューム靴で

ボリュームロングコートを白フーディで視線を上に集めて

「ボリュームの出るロングコートもサイドスリット入りで軽やかに見えるものを。フーディもロゴ入りだとさらにメリハリがつくように1つずつ吟味」
デニムパンツ[Liberty]¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)コート〔フード付き〕¥81,400(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店)フーディ¥24,200(スローン)バッグ¥237,600 ローファー¥94,600(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥5,940(アビステ)ブレスレット¥8,250(イン ムード/フォーティーン ショールーム)

大野千歩さんのデニムの選び方

【上】薄手で重ね着に便利なMother
【中】きれいな色みがお気にりのLevi’s
【下】出番の多いテーパード、upper hights

アッパーハイツはハイライズテーパード、リーバイスはスキニー、マザーはフレアなど、色みはもちろん、シルエットも微差でいろいろ。服に合わせて使い分けています。


profile
スタイリスト 大野千歩さん

VERY、CLASSY.などの女性誌を中心に幅広く活躍。カジュアルをベースに女らしく仕上げる切れ味のあるスタイリングに定評あり。身長156㎝と小柄ながらそうは見せない私服コーデも人気。
.

撮影/菊地 哲〈MUM〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/福川雅顕 モデル/近藤千尋 スタイリング/大野千歩 取材・文/塚田有紀子 編集/永吉徳子
*VERY2022年2月号「グレーデニムで「Sサイズでもスタイルいい」」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE