VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【カブらないシャネルバッグ5選】日常使い名品は“プレ&クルーズ”に潜んでいた!

VERYのファッションリーダー高橋志津奈さんも証言する、「ハイブランドで私たち世代が狙うべきは、プレやクルーズコレクション!」。春と秋のメインコレクションに比べ、ベーシックで日常的に取り入れやすいものが多いといわれています。今回は、志津奈さんが愛用しているシャネルバッグをご紹介します!

*掲載中のシャネル商品はすべて本人私物につき、店舗へのお問い合わせはご遠慮ください。

プレ&クルーズで見つけたものが
結局デイリーで活躍中です!

高橋志津奈さん

VERYファッションライター

「大好きなシャネルは、定番のキルティングレザーもちろん魅力的ですが、日常的にそれ以上の頻度で活躍しているのが、プレやクルーズコレクションで購入したカジュアル素材のバッグです。かっちりしすぎないのでシーンを選ばず、特にカジュアルベースな私の普段着の程よいアクセントになってくれるんです。フェルトやキャンバス、ストロー素材など、キュンとする遊び心満点なデザインで、デニムにも気兼ねなくガンガン合わせられるのが魅力。そのシーズンにしか出ない素材やカラーは、人とかぶりづらいのもいいですね。ここ10年ほどはプレとクルーズを毎シーズンチェックし、お気に入りを少しずつ増やしています」

デニムに黒ニットにスニーカー。こんなシンプルなスタイルが決まるのもグリーン×カーキのバイカラーを効かせたキャンバス素材ならでは。チェーンもアクセントなので、ジュエリーはミニマムに。

志津奈さん私物のCHANEL

素材や形違いで少しずつ買い足しているチェーンバッグたち。超ミニサイズのチェーンクラッチは手のひらほどの小ささですが、ジュエリー感覚で。その他もキレイ目な日のハズしや、究極にシンプルな日のコーデの仕上げに…とどれも活躍中です。

\カジュアル服をリッチに/
【ITEM 01】

\キレイめ服のハズしに/
【ITEM 02】

\デニムに合わせて/
【ITEM 03】

\ジュエリー感覚で/
【 ITEM 04】

【01を使用】グレーのフェルトはサイドに白ネイビーのライン入りでスポーティな印象。レザーのキルティングにはない抜け感でカジュアルを格上げします。

【02を使用】最近購入したこちらはアクセ感覚で。かっちりおじさん風セットアップに女っぽい遊び心を。

.

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉(SNAP)、西原秀岳〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/福川雅顕(SNAP) スタイリング/山本有紀(静物) 取材・文/栗生果奈 編集/引田沙羅
*VERY2022年2月号「VERY世代のブランド名品はプレ&クルーズにあり!」より。

この記事もおすすめ

FEATURE