VERY June 2022

VERY

June 2022

2022年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【華奢見えNo.1】ニットは「ダボっとオーバーサイズ」が女っぽい!

ママだからと女っぽい服から遠ざかっている人必見!子育てと女っぽさを無理なく両立させている人気スタイリスト・伊藤牧子さん。牧子さんのリアルクローズには、ついマネしたくなるアイデアが満載。今回は、あえてオーバーサイズのニットで狙う“華奢見えコーデ”のコツをご紹介します!

◉Profile
伊東牧子さん/MAKIKO ITO

1987年生まれ。VERYのカバーも手掛ける加藤かすみさんに師事し、幅広い女性誌のカバーや誌面を担当。抜群のセンスとキャラ立ちでモデルやタレントからも厚い支持を集める。1歳の女の子のママ。

【MAKIKO’S ルール】
理想は〝借りてきた彼ニット〟!
あえてのオーバーサイズに
ほんのり色っぽさを漂わせたい

服を着るうえでいちばん大事にしているのはサイズ感。ぴたっとタイトな服だけでなく、あえてオーバーサイズを着ることも。理想は〝彼氏の〟を着ているみたいなイメージの、指先がちょこっと出るようなダボッとしたニットやスウェット。体の華奢さが強調されて、かえって女っぽい印象に。ただし、ダボッとした服を着る時はノーメーク・ノーアクセは厳禁。アクセントになるゴールドのアクセやリップの色を効かせたり、髪の毛をまとめてうなじを出したり、ただだらしがない人に見せないように女っぽさを仕込んで微調整しています。

Knit : Isabel Marant
Skirt : Vintage
Bag : LITTLE LIFFNER
Sandal : COACH
Socks : ё BIOTOP Lingerie

中目黒「ザ ミックス」で見つけた’60年代のデッドストックの白フレアスカートでゆるく。ほっこり見えないよう足元はソックス×サンダルでトレンドを意識。

派手すぎない
ブラウンリップが
丁度いい女っぽさ

ネイルやリップで色を入れて女っぽく。ルージュ ドゥ アルマーニ マットの103のオレンジブラウンは洒落感があって丁度いい。

 

シュシュや赤ゴムで
愛らしさON!

まとめ髪の日は疲れて見えないようにヘアアクセがマスト。Jennifer behrが多いですが、マイブームは赤ゴム! DAISOのカラーゴムは他の色味も可愛いのでおすすめです。

「ユル・ずる」の日は
パンチアクセを投入

アクセでリラックス感を払拭。ごつめのチェーンネックレスはAll Blues、スネークチェーンはMAIDEN。

Other Coordinate

ラルフのヴィンテージで
「彼ニット」感♡

「ベルベルジン」で見つけたラルフなどメンズを着ることも。着なくなった黒スキニーをカットして自作したサイクリングパンツは抱っこ紐の日にも活躍。

.

撮影/峠 雄三(人物)、清藤直樹(静物) ヘア・メーク/白水真由子 取材・文/増田奈津子 編集/太田彩子
*VERY2021年12月号「ママでも忖度なし!冬の女っぽさの作り方」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE