VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

モード派ファミリーの“休日モノトーン”は足元もキレイめ!

一人よがりに見えないワンチーム感を大切にしたい週末のお出かけ。ボーダーレスに“黒”を着る家族が増えています。小さな子ども連れでもちょっと上級者なおしゃれ感が出せるのが人気の理由。今回は、モード好きなパパがプロデュースする家族のモノトーンファッションをチェック!

 

服好きモード好きな
パパがプロデュースの家族コーデ

休日ショッピングなら
足元キレイめのモノトーンで

実例04.

伊藤勝人さん(30歳・会社員)栞さん(30歳・主婦)長男(5歳)次男(0歳)

週末家族でショッピングする時は、お気に入りのアイテムを起点に、遊び盛りの長男と一緒に走り回れる動きやすさも重視。夫婦でマルジェラやMM6など、ちょいモードな服装が好みなので、普段からモノトーンの服を手に取ることが多めです。息子達は、MARNIとラルフ ローレンのロゴTでカジュアルお洒落を格上げ。

マルジェラのカーディガンで、さりげなく自分らしさを演出!

パパが次男を抱っこしてくれる週末は、PASO.R.ALAGANのアクセサリーを重ね付け!

左からパパはSANTARI、長男はadidas STAN SMITH、ママはChrch’s

取材・文/金 セアル、増田奈津子、黒﨑梨緒 取材協力/岡田朋子 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年10月号「【大特集】結局、重ねる季節は黒がいい! Part5 実例!家族のチーム感はモノトーンで作る」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE