VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

今こそ欲しい「エルメス」8選|VERY的名品リスト①

どんな高価な一流メゾンの名品も、もしも残りの人生ずっと使い続けることができたなら、それこそが究極のコストパフォーマンス。素材の高騰などで年々価値が上がっていく名品も多いいま、欲しいと思った今日こそが買いどきなのかもしれません。そんなオシャレなVERY世代が「1日でも早く買うべき!」と熱く語る名品を集めてみました。
今回はもっとも多くのチームVERYが支持したブランド「エルメス」です。

何年も使い続けられる上質さ &
何歳になっても追い続けたい憧れ感

結論、VERY世代は
HERMÈS買うなら1日でも早く!

2018/08/VERY_201809_128-000.jpg

右から

Birkin

永遠のitバッグは
カジュアルに持てる
30~35㎝サイズが人気
エルメスに詳しい友人からのバーキンは出会ったときに手に入れないと!という助言もありジム帰りに東急本店で見つけたその場で迷わず購入(笑)。35㎝サイズはA4の書類が入り、仕事復帰後も活躍中。息子を出産した頃だったのもあり、思い出深い一品です。(VERYライター塚本桃子さん)
★エストネーションPR 棚田蘭子さんも黒を愛用
★VERYモデル畑野ひろ子さんもエトゥーヴを愛用

 

Bolide

シンプルで控え目な
佇まいは〝学校行事に
一番使える〟の声多数
ケリーやバーキンよりも主張が控えめな分、母的なフォーマルシーンに大活躍。これひとつ持っていれば、年間何度となくある子どもの学校行事にあれこれ余計な物を買わなくて済むし、軽くて使い勝手もいいので、おばあちゃんになるまでずっと愛せる気がします。(VERYライター高橋志津奈さん)
★モデル牧野紗弥さんも黒を愛用
★読者星 玲奈さんもピンクを愛用

 

Kelly

カジュアルにも
持ちやすい内縫いの
トリヨンクレマンスが活躍
カッチリした外縫いより、ソフトな印象と使い勝手のいい内縫いタイプをチョイス。子どもの礼式では母としての品格が保てるし、斜めがけしてラフに持つこともできるので普段も惜しみなく使っています。傷の目立ちにくいトリヨンクレマンスなら子育て中も安心。(読者・永田明華さん)
★スタイリスト金子 綾さんも黒を愛用
★モデル東原亜希さんも黒を愛用

バッグだけじゃない!
小物から服まで生涯かけて愛せる
名品の宝庫です

Chaîne d’Ancre

適度なボリューム感と
しなやかな曲線が
デイリーにもなじむ
ユニセックスなシルバーは、その日の気分でテンションの違う服を着る私のワードローブにもしっくりなじんでくれるところが好き。一点でも高級感と上品なインパクトが出て、しばらくお休みしても、また必ず身につけたくなる一生愛せるジュエリーのひとつです。(スタイリスト安西こずえさん)
★スタイリスト池田 敬さんも愛用
★VERYライター櫻井裕美さんも愛用

2018/08/VERY_201809_129-001.jpg

Oran

服を選ばず大活躍!
比較的手に取りやすい
サンダルは狙い目
毎シーズンカラバリを更新して発売され続けているデザインなので、いつまでも新鮮な気持ちで履けます。バッグなどと比べ、エルメスの中では手の届きやすい価格も魅力で、フラット、ヒールと増えていくコレクションは、夏が来るたびに履くのが楽しみになります。(VERYモデル鈴木六夏さん)
★VERYライター高橋志津奈さんも愛用
★VERYライター塚本桃子さんも愛用

2018/08/VERY_201809_129-000.jpg

Cashmere Overcoat

カシミアが生きていると
実感する唯一無二の
一生物コート
母から受け継いだカシミアのコート。何十年も前に購入された物ながら、いまなお古さを感じさせないシルエットや素材の状態にブランドの底力を感じます。ブラシをかけるとカシミアの表情が生き返る! 私も次の世代に受け継いでいかれたらいいなと思える名品です。(VERYモデル神山まりあさん)
★VERYライター白澤貴子さんも愛用

2018/08/VERY_201809_129-002.jpg

Collier de Chien

エレガントでいて
ロックな雰囲気も感じる
主役級のバングル
投資したものの、その後時代遅れ感が出てしまい何となくお蔵入りしてしまう物も数多くありますが、エルメスのこのバングルは別! ちょっとロックなパンチが効いているのに圧倒的な品があり、コンサバベースのスタイリングにアクセントを効かせたい日に長く愛用しています。(スタイリスト竹村はま子さん)
★読者・星 玲奈さんも愛用

2018/08/VERY_201809_129-004.jpg

Constance

カジュアルコーデを
リッチな装いに変える
ベルトも隠れヒット

カジュアル中心のワードローブに、あえて〝H〟バックルのベルトをラフにつけ、リッチなアクセントを加えるのがお気に入り! デニムやカーゴはもちろん、ワンピースまでオールマイティに合わせられる絶妙な太さも魅力です。キャメルとのリバーシブルタイプを愛用しています。(VERYモデル野沢和香さん)

2018/08/VERY_201809_129-003.jpg

撮影/西原秀岳〈TENT 〉 スタイリング協力/山本有紀 取材・文/鍋嶋まどか 編集/引田沙羅

※VERY2018年9月号「生涯かけてコスパにする、という考え方 いつか買うなら1日でも早く買いたい物リスト」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。掲載の商品はすべて私物となりますため、ブティックへのお問い合わせはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

FEATURE