夏後半は黒Tで ワンパターン宣言!

2018.08.02

容赦ない暑さの続く中、夏コーデにも飽きてくるこの時期。Tシャツはやっぱり手放せないけれど、少し気分を更新するなら、黒T投入がオススメです。白Tよりもきちんと見えて、ちょっぴりモード、そして何より女っぽい♥ だからここに宣言します。夏後半は黒Tのワンパターンでいく!

Case ❶

「黒T」×九分丈パンツなら
カジュアルから
きちんとシーンまで万能!

みんなが持ってる定番の黒九分丈パンツ×黒Tコーデは実はオールラウンダー! 黒Tの素材感やデザイン次第でオンにもオフにも使えるから、足元や小物で変化をつけて楽しんで。

2018/07/VERY_201808_066-000.jpg

上質Tで端正な印象に。
ジャスト丈をOUTで
着るのが最旬バランス
光沢のある素材がカジュアルなTシャツスタイルをクラスアップしてくれます。ボリュームのあるジュエリーでスマートな女っぽさを。Tシャツ¥7,800(スローン)パンツ¥6,990(プラステ/リンク・セオリー・ジャパン)バッグ¥101,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ピアス¥42,000リング¥53,000(ともにトム ウッド/ステディ スタディ)シューズ¥69,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

Case ❷

子供っぽくなりがちな
ロゴTが「オール黒」なら
大人に着られる!

白や淡色Tのパキッとしたロゴは気恥ずかしいけれど、オール黒なら大人らしくモードな印象。ヴィンテージライクな褪せた黒の選びと、タイトなボトムスとのバランスがポイントです。

2018/07/VERY_201808_068-000.jpg

ビッグT×レギンス×ウエポー
トレンド満載でも大人っぽい!
旬のビッグロゴはチュニック感覚で、ボトムスはレギンスで女っぽく。Tシャツ¥4,980(マウジー/バロックジャパンリミテッド)レギンスパンツ¥5,500(スタイル フォー リビング/ユナイテッドアローズ 原宿本店)ベルト[ミニウォレット付き]¥95,000ミニバッグ¥113,000※ともに8月発売予定(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥15,000(A.D.S.R./シック)サンダル¥18,000(ステュディオス/ステュディオス ウィメンズ 新宿店)

Case ❸

涼しくて楽ちんだから着たい
ロングスカートも
女らしく見える

足さばきがよく、涼しいロングスカートは晩夏の頼れる鉄板ボトムス。Tシャツ×ロンスカの、ともすれば手抜きっぽく見えがちなコーデを最大限オシャレ見えさせるカギは〝ノースリ黒〟でした。

2018/07/VERY_201808_069-001.jpg

大人のノースリ×無垢なドット
無造作な可愛さが新鮮!
動くたびに揺れるアシンメトリーなドットスカートにはミニマルなノースリがぴったり。バッグの赤で遊びを効かせ、足元はビーサンであえてラフに。ノースリTシャツ¥6,800(スローン)スカート¥27,000(ミコモリ/ミコモリ表参道ヒルズ店)バッグ¥272,000(モワナ/モワナ メゾン GINZA SIX)ピアス¥35,000(トム ウッド/ステディスタディ)サンダル¥5,500(トゥデイフル/LIFE’s 代官山店)

Case ❹

「黒T」ワンパターンの
週5シャツでも
手抜きに見えない!

ボトムス次第で印象が変幻自在の黒Tだから、週5スタメンでもNOTマンネリ! 素材やデザイン、それぞれに最適な黒Tを合わせるだけで、いつものデニムやチノパンも見違えるはず。

2018/07/VERY_201808_070-000.jpg

DAY 1
きれいめスカートに

合わせたいのは
ブラウス感覚の黒T
品のいい五分袖と浅めのクルーネックがシックなスカートにマッチします。Tシャツ¥9,000(サンスペル/サンスペル 表参道)スカート¥16,000(フレイ アイディー/FRAY I.Dルミネ新宿2店)バッグ¥19,800(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)イヤリング¥5,500リング¥4,500(トゥデイフル/LIFE’s代官山店)サンダル¥29,000(ピッピシック/ベイジュ)

2018/07/VERY_201808_071-000.jpg

DAY5
OUTで着れば着慣れたチノが蘇る
夏後半、黒Tの魅力を再認識
迷ったら今季はINせず着るのが正解。涼しくもなって最高。Tシャツ¥1,990(AZUL by moussy/バロックジャパンリミテッド)パンツ¥19,000(ケイ シラハタ/styling/ 新宿ルミネ1店)バッグ¥296,000(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)サングラス¥15,000(A.D.S.R./シック)リング¥17,000バングル¥80,000(ともにインデアン・クラフト)シューズ¥77,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

 

撮影/須藤敬一(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/TOMIE〈nude.〉 モデル/滝沢眞規子 取材・文/関城玲子 編集/湯本紘子

※VERY 2018年8月号「Tシャツカジュアルが、すぐさま女っぽく更新できる♡ 夏後半は黒Tでワンパターン宣言!」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

PICK UP

  • 2019.09.06

    VERY2019年10月号、発売!

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    今秋まずはN.O.R.C by the line(ノーク バ…

  • 2019.09.06

    暑くても寒くても挑める“運動会ファッション”2019

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

PICK UP

  • 2019.09.06

    VERY2019年10月号、発売!

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    今秋まずはN.O.R.C by the line(ノーク バ…

  • 2019.09.06

    暑くても寒くても挑める“運動会ファッション”2019

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE