【明日のコーデ】辛口めカーキセットアップ×ベージュハット

2018.07.10
2018/07/VERY_201807_163-007.jpg

ほっこりしがちなセットアップ+ハットも
グラデ配色で合わせれば即、垢抜け
裾がアシンメトリーになったちょいモードめなデザインも、ハットスタイルを古臭く見せないポイント。ハット¥24,000(アシーナ ニューヨーク/アース 新宿髙島屋) セットアップ¥13,500(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)ブレスレット¥37,000(マウンサー/エストネーション)バッグ¥124,000(カロリーナサントドミンゴ/トゥモローランド)シューズ¥9,900(ルクールブラン/シティーヒル)

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉(モデル)、清藤直樹(静物) スタイリング/福田麻琴 ヘア・メーク/TOMIE〈nude.〉 モデル/東原亜希 取材・文/宇野安紀子 編集/翁長瑠璃子

※VERY2018年7月号「今年の紫外線対策、あなたはどっち? 脱マダムなハット VS. 脱少年なキャップ」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE