平日コーデはこれ!黒パン1本×着映えトップス5選

2018.07.17

黒パンツにワンディテールが効いたトップスを合わせれば、それだけで着映え度の高いオフィスルック。厳選黒パンツ1本と、好相性なトップスのバリエがあればMIX&MATCH方式で毎朝目をつぶってもコーデが完成します♡

甘口派の黒パンは
「ワイドシルエット」

AP STUDIO

2018/07/pt01.jpg
ニュアンスのある質感がオシャレ。パンツ¥25,000(エーピー ストゥディオ/エーピ ー ストゥディオ/ニュウマン シンジュク)
2018/07/VERY_201807_060-000.jpg

レディな透け×ドットを大人に仕上げてくれる
ワイドシルエットが好相性
透け感が今っぽいドット柄ブラウスもワイドパンツで甘さをセーブ。色小物で鮮度アップ。パンツ上と同じ ブラウス¥10,000(スローブイエナ/スローブ イエナ 渋谷店)バッグ¥296,000(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ベルト¥16,000(メゾン ボネ/アクアガール丸の内)ピアス¥48,000(エナソルーナ/エナソルーナ神宮前本店)シューズ¥9,800(ル タロングリーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)

  • )肩の立体フリルが可憐さをアピール。白ブラウス¥16,000(アクアガール/アクアガール丸の内)
    aquagirl )肩の立体フリルが可憐さをアピール。白ブラウス¥16,000(アクアガール/アクアガール丸の内)
  • フロントから肩にかけてのプリーツとフロントボタンのデザインで、着痩せ効果も。オレンジブラウス¥14,000(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)
    JOURNAL STANDARD L’ESSAGE フロントから肩にかけてのプリーツとフロントボタンのデザインで、着痩せ効果も。オレンジブラウス¥14,000(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)
  • 首元のフリルと袖のギャザーがほんのりクラシカルで可愛い。ブルーブラウス¥6,800(ジョイントワークス/ジョイントワークス 新宿店)
    JOINT WORKS 首元のフリルと袖のギャザーがほんのりクラシカルで可愛い。ブルーブラウス¥6,800(ジョイントワークス/ジョイントワークス 新宿店)
  • ショッキングピンクのブラウスは1枚で主役級の存在感。ピンクブラウス¥19,000(アダム エ ロペ)
    ADAM ET ROPÉ ショッキングピンクのブラウスは1枚で主役級の存在感。ピンクブラウス¥19,000(アダム エ ロペ)

辛口派の黒パンは
「サルエルシルエット」

UNITED ARROWS

2018/07/pt02.jpg
タック使いでスタイルアップ。パンツ¥16, 000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッ ドアローズ 六本木ヒルズ店)
2018/07/VERY_201807_061-000.jpg

構築的なトップスはキレイめタックパンツで
とことんハンサムで端正に
アシンメトリーのトップスがパンツの真面目さを緩和し、切れ味よく。パンツ左下と同じ トップス¥27,000(エリン/ヴェルメイユ パー イエナ銀座店)バッグ¥373,000(ロジェヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)時計¥734,400(オメガ/スウォッチ グループ ジャパン)

  • )首元のデザインがエッジィ。深いブルーもシャープさを後押し。青トップス¥23,000(アドーア)
    ADORE )首元のデザインがエッジィ。深いブルーもシャープさを後押し。青トップス¥23,000(アドーア)
  • )モードさのあるスタンドカラーとタッ ク使いで、黒でも地味にならずにどこか華やか。黒トップス¥13,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)
    emmi atelier )モードさのあるスタンドカラーとタッ ク使いで、黒でも地味にならずにどこか華やか。黒トップス¥13,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)
  • )袖を通した時にわかる絶妙 シルエット。ニュアンスグレーもツウ好み。グレートップス¥25,000(イレーヴ/アングローバル)
    YLÉVE )袖を通した時にわかる絶妙 シルエット。ニュアンスグレーもツウ好み。グレートップス¥25,000(イレーヴ/アングローバル)
  • 裾のななめのカッティングと鮮やかカラー が印象的。グリーントップス¥22,000(エンフォルド)
    ENFÖLD 裾のななめのカッティングと鮮やかカラー が印象的。グリーントップス¥22,000(エンフォルド)

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/菊池かずみ〈P-cott〉(滝沢眞規子分)、TOMIE〈nude.〉(渡辺佳子分)モデル/滝沢眞規子、渡辺佳子 編集/引田沙羅

※VERY 2018年7月号「〝ワンパターンオシャレ〟が、働くママの朝を救う」より。
掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

PICK UP

  • 2019.09.06

    VERY2019年10月号、発売!

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    今秋まずはN.O.R.C by the line(ノーク バ…

  • 2019.09.06

    暑くても寒くても挑める“運動会ファッション”2019

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

PICK UP

  • 2019.09.06

    VERY2019年10月号、発売!

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    今秋まずはN.O.R.C by the line(ノーク バ…

  • 2019.09.06

    暑くても寒くても挑める“運動会ファッション”2019

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE