VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

乳幼児ママは「イヤカフ」で盛る!オシャレな人のアクセ重ね付けルール

アクセサリー使いこそ最もパーソナリティが表れるもの、と思うことありませんか?自分が本当に好きなモノ、想いの詰まったモノ、そういったアイテムを流行りにとらわれず、思うままに楽しむからこそ溢れ出るフィット感。そこでオシャレな人のアクセの重ね技を聞いてみました。

息子の興味津々エリアを外して。
パールで楽しむ〝等身大レイヤード〟

水口絢詠さん
フリーランスPR

「様々なことに興味を持ち始めた8カ月の息子と過ごす日々。ジュエリー選びは〝抱っこで手が届くか〟がボーダーラインになりました。シンプルなスタイルが好きな気持ち、男の子ママでも品よくいたい気持ち──。その答えをくれたのは、誕生石でもあるパールでした」

coordinate
TOPS_PRADA
PANTS_ASTRAET
PIERCES & EAR CUFF_[上・下]mayuokamatsu [中央]Hirotaka
NECKLACE_[ビーズ]no brand [ダイヤ]mayuokamatsu
BRACELET_HERMÈS

※ブレスレットは読者私物につきエルメスブティックへの問い合わせはお控えください。

.

Rule1︎⃣
元々重ねづけが好きな気持ちを耳元で

「元々リングを重ねてつけるのも好きですが、指先レイヤードはちょっとおあずけ。そのぶん、サイズ感だけを守り耳元は好きにつけています。フープピアス愛も、今はミニパールフープへと変換」

Preek×AEWEN

MATOPH

vintage

.

Rule2︎⃣
ネックラインへの沿い方も大事

「メンズライクなシンプル服が多いので、女性らしさを表現するネックレスは質と長さで楽しみます。個性のある淡水パールとピンクのビーズを組み合わせたネックレスをオーダーで作りました」

淡水パールがポイント

.

Rule3︎⃣
母からもらったものへの愛着も倍増

「母から譲り受けた私の誕生石のパールがついたリングは、自分自身も母になり、より一層特別なものに。私も息子の誕生石のトルマリンのチャームを作り、様々なジュエリーに通し身につけています」

vintage

order made

.

撮影/福水紀夫(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) 取材・文/木村幼奈 編集/澤辺麻衣子
*VERY2021年8月号「アクセサリー重ねづけは「定着感」がモノをいう」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

 

この記事もおすすめ

FEATURE