VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ぺたんこ靴に飽きたら“ちょいヒール”!いま狙うべきサンダル5選

フラットシューズやスニーカーはすっかり定番になったけれど、時には気分のアガる“ちょいヒール”でオシャレ心を満たしたいところ。嬉しいことに今季はつま先がストレスフリーなスクエアデザインが流行中。履きやすくて程よく女っぽくなれるサンダルをご紹介します。

待ってました、脱ペタンコ♥
ちょいヒールを解禁!

Jimmy Choo

前から見ても横から見ても、脚を美しく見せてくれるカッティングは流石の一言。カラーコーデの抜けを作る際にも便利なホワイトは、ちょっと勇気がいるけれど活躍してくれること間違いなし! サンダル[H=5㎝]¥85,800(ジミー チュウ)

FABIO RUSCONI

シンプルコーデが見違える! 足元ならカラーを取り入れるのも難しくありません。サンダル[H=5㎝]¥34,100(ファビオ ルスコーニ/ハイブリッジ インターナショナル)

Mila Owen

一気に洒落感がUPするパンチの効いたデザインが秀逸。モードなコーデやシンプル服のアクセントにはもちろん、甘めのワンピースに合わせれば程よい中和役に。サンダル[H=2㎝]¥10,780(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

LAURENCE

甲をしっかり覆うから歩きやすさも◎。ミュールは肌見せの分量が多いからこそ、ヒールが低くても、ヘルシーな色気は十分! サンダル[H=4㎝]¥44,000(ロランス/ザ・グランドインク)

LOWRYS FARM

肌になじむヌーディーカラーだから脚長効果はしっかり発揮! サンダル[H=3㎝]¥5,500(ローリーズファーム/アダストリア)

.

撮影/藤原 宏〈Pygmy Company〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/竹村はま子 取材・文/関城玲子
*VERY2021年8月号「「ビバ! ○○卒業」で着たい、オシャレ解禁リスト」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE