VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

マスク焼け予防にも欠かせない!矢野未希子さんが選んだ夏の帽子とは?

昨年、自粛期間中に断捨離を経て〝本当に大事にできるものだけを見極めたい〟とオシャレを深めてきた、みっこちゃん。季節柄、消耗が早く入れ替えが多い服よりも大事にできる小物が夏のオシャレの主役なんだとか。今回も夏といえば、な毎日使うもの・ずっと使いたいもの、たくさん気持ちがこもったものを教えてくれました。

【夏アイテムall私物】
大事にしたいと思える、
ストーリーのあるモノ選びが加速中♡

みっこちゃん
「夏のオシャレの楽しみ方は、
小物に表れる!」

 

今年はマスク焼けを防ぐためにもハットが例年以上に欠かせない存在に。毎年、夏になると交互にかぶっているのでは?という頻度で登場するのが最愛の2ブランド。毎年のように買い足していたけれど今年は運命の出会いも。アトリエで手作業で編んでいく制作過程を見学したキジマ タカユキのハットは本当に作りが良い物を責任を持って大事にする充実感を教えてくれました。

 

KIJIMA TAKAYUKI
ハット

ハイラインのハットは私のサイズがすでになかったところ、特別に作って下さった一生モノ。ほのかにメンズっぽさがあるので大胆な背中開きに合わせてもヘルシーに。
ハット、小指のdaughters jewelryのリング/本人私物 スイムウェア¥6,600 パンツ¥14,300(ともにジャンティーク)親指リング¥19,800(テンプル オブ ザ サン/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

Helen Kaminski
ストローハット

私にとってヘレンカミンスキーの麦わら帽子は夏の王道。どんなカジュアルも品良く仕上げてくれる揺るぎない女性らしさが頼りになります。着こなしに合わせてつばを折ったりアレンジで雰囲気が変わるのも楽しい。
ハット/本人私物 タンクトップ¥12,100(RH ヴィンテージ/ロンハーマン)ストライプシャツ¥18,700(ジャンティーク)スカート¥60,500(プランシー/パラグラフ)

.

撮影/嶌村吉祥丸(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア/左右田実樹 メーク/AIKO ONO モデル/矢野未希子 スタイリング/伊東牧子 取材・文/増田奈津子 編集/鈴木恵子
*VERY2021年8月号「みっこちゃん「夏のオシャレの楽しみ方は、小物に表れる!」」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE