VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

リーマムのための夏トレンド4択

働くオシャレもトレンドを楽しみたい! そんなサラリーマンお母さん=リーマムのために、オフィス街でも楽しめるこの夏のトレンドをピックアップ。流行感度は高く、でも、社会人として一緒に働く人への好印象は大前提、さらに保育園送迎の時の動きやすさも考慮しました。

TREND-01

空前の〝緑〟ブーム!
オフィス街でもなじむ色だから
通勤服でも堂々着用

カラーが溢れる今季、リーマムがこぞって支持したのは色鮮やかな、いわゆる〝緑〟。シックな雰囲気があるので、「これなら会社OK」との声も多し。合わせるアイテムやベーシックなものを選んで、きちんと見えも狙って。

2018/06/VERY_201806_170-002.jpg

⬆︎膝下丈のタイトスカートならきちんと感も高め。白ブラウスでより端正な雰囲気に。タイトスカート¥18,000(ミミ&ロジャー)ブラウス¥26,000(ADORE)ピアス¥4,450(JUICY ROCK)スカーフ¥11,000(マニプリ/フラッパーズ)バッグ¥60,000(フルラ/フルラ ジャパン)

TREND-02

〝ドット〟人気の次は
クールフェミニンな
〝ギンガムチェック〟
&〝ストライプ〟

ベーシック中心のコーデに奥行きを加える〝柄アイテム〟もリーマムのワードローブには必需品。この夏のブレークアイテム、ギンガムチェックとストライプなら、オフィス街で爽やかな存在に。コーデ次第でオフも楽しめる、汎用性の高さも魅力的。

2018/06/VERY_201806_171-001.jpg

⬆︎後ろが長い美シルエットなフレアスカートは、ブルーストライプで清涼感と今っぽさを加えて。スカート¥45,000(マディソンブルー)ポロニット¥21,000(スローン)ピアス¥2,800(JUICY ROCK)時計¥36,500(ラーソン&ジェニングス/ビームス ハウス 丸の内)バッグ¥41,000(オルセット/オルサ)

2018/06/VERY_201806_171-003.jpg

⬆︎ストライプのブラウスもブラウンになるだけでグッと大人っぽくシックに。フロントはシンプル、ボタンアクセントで後ろ姿を印象的に。アウト着やすい丈が嬉しい。ブラウス¥17,000(デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)ワイドパンツ¥18,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)ピアス¥2,800(ステラハリウッド)時計¥50,500(スワロフスキー・ウォッチ/スワロフスキー・ジャパン)バッグ¥25,000〈キャロルジェイ/トゥモローランド〉

TRENS-03

夏の定番トップスも
〝リネンのロング丈スカート〟で
簡単&瞬時にバージョンアップ

スカートのバリエも豊富な今シーズンは会社でもスカートをはきたい!という声も急上昇。オーセンティックながらトレンド感抜群なリネン素材なら、程よい知的さとミーハー気分を同時に網羅。いつもの定番トップスに合わせるだけで、通勤コーデがブラッシュアップ。

2018/06/VERY_201806_172-009.jpg

⬆︎女っぽいラップ型タイトスカートも、リネン特有のリラックス感でナチュラルな魅力が引き立つ。黒ニットで程よくハンサムに。スカート¥19,000(デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)カーディガン¥24,000(スローン)イヤリング¥1,800(JUICY ROCK)メガネ¥9,900(JINS)時計¥10,000(アビステ)バッグ¥39,000〈ポティオール〉ローファー¥29,000〈エストネーション〉(ともにエストネーション)

TREND -04

エブリデイパンツ通勤の
鮮度を上げる
〝ちょいトレンド〟トップス 5

ママチャリでの保育園送迎もあり、機能性と楽さ優先に「週5パンツ通勤」のリーマムも多数。そうはいっても、「いつもとおんなじ印象の人」は避けたいもの。そこでトレンドエッセンスを取り入れた5枚を用意し、「毎日違うイメージの人」を目指したい。

2018/06/re.jpg

<左から>
袖コンシャスブラウスは
背中開きのデザインで
程よく抜け感をプラス
構築的シルエット。ブラウス¥16,000 ベルト¥14,000〈 ともにメゾン ボワネ〉バッグ¥104,000〈トマジーニ〉(すべてエーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)ワイドパンツ¥37,000(ユニオンランチ/サザビーリーグ)ピアス¥26,000(マリーマックギル/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)バングル¥19,000(フィリップ オーディベール/essence of ANAYI)パンプス¥49,000(ペリーコ/アマン)

今季2大トレンドの
〝ドット〟&〝透け感〟で
夏の最旬トップス
ほんのり透けるブラウスは、五分袖&ハイネックで肌感を抑えたデザイン選びが重要。メンズライクなパンツと合わせたら、程よく女らしさが引き立ちます。ブラウス¥19,000(ANAYI)タックパンツ¥16,000(PEGGY LANA/バロックジャパンリミテッド)イヤリング¥4,950(JUICYROCK)バッグ¥18,000(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)パンプス¥48,000(ペリーコ/シップス 有楽町店)

〝リボン〟で後ろ姿が素敵!
〝タック入りパフスリーブ〟で
二の腕カバー効果も
甘デザインのトップスは辛口パンツに合わせて、ややモードに仕上げて。プルオーバー¥32,000(コート/インターナショナルギャラリー ビームス)タックパンツ¥22,000(エーピー ストゥディオ/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)ピアス¥16,500( スワロフスキー・ジュエリー/スワロフスキー・ジャパン)バッグ¥37,000(イアクッチ/メゾン イエナ)パンプス¥46,000(ペリーコ/アマン

〝カットワークレース〟は
部分使い&大人な黒で
オフィス仕様に格上げ
肌がのぞくレースは、ヘルシーさのあるカットワークタイプがベター。背中の開いたカッティングも、ハンサムパンツのカジュアルさで、甘さを微調整。ブラウス¥19,000〈ボールジィ〉バッグ¥30,000〈トゥモローランド D〉(ともにトゥモローランド)パンツ¥17,000(ルーニィ)ピアス¥5,200(DRWCYS)ブレスレット¥5,700(JUICY ROCK)バレエシューズ¥16,000(MAYPOL/メゾン イエナ)

インもアウトもしやすい
絶妙丈の〝一枚着カーデ〟は
袖だけボーダーが最旬
一枚着にも羽織りにもなる、カーディガンはオフィスの必需品。コンサバネイビーも、袖だけボーダーの変化球デザインがオシャレ。カーディガン※VERY限定コラボ¥30,000(BORDERS at BALCONY/kokode.jp)パンツ¥21,000 (デ・プレ/デ・プレ 丸の内店)ピアス¥15,000(Jouete)バッグ¥52,000(フルラ/フルラ ジャパン)ローファー¥18,000(ラテナーチェ/ビームス ライツ 渋谷)

 

撮影/最上裕美子 スタイリング/井関かおり ヘア・メーク/川村友子 モデル/大桑マイミ、山中島あずさ 取材・文/塚田有紀子 構成/渋澤しょうこ

※VERY 2018年6月号「オフィス街で浮かず上品、でも今っぽい!がルール リーマムのための夏トレンド4択!」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE