VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

甘モード派もシンプル派も一生使える!「名品小物」

キーワードはTIMELESS!

カジュアル一辺倒になりがちな私たちの毎日、自分らしいファッションを確立するなら、頼りたいのは、小物使い。〝長く大切に使い続けたい〟マインドに応えてくれる見た目も心も豊かになれる格上げ小物を考えてみました。30代になったら揃えていきたい名品ばかりです。

SWEET

(甘モード派)

THE ONITSUKAのレースアップシューズ
重厚感のある見た目に反して、ベロ部分のクッションや軽さで、驚くべき履き心地。スニーカー感覚で履けるメンズライク靴は一足あると便利。 シューズ〈BROGUE〉¥44,000(ジ・オニツカ/オニツカタイガージャパンお客様相談室)
TASAKIのバランスシリーズ
デビューから変わらず一番人気のバランス。効かせにも馴染ませにもなり、これひとつで甘モードが完成するる。 リング〈バランスシグネチャー リング/18KYG,あこや真珠〉¥368,500ピアス〈バランス ネオ イヤリング〈2021年春の新作〉/18KYG,あこや真珠〉¥286,000(ともにTASAKI)
Aetaのレザーバッグ
甘派のワードローブに欠かせないかごバッグ。これはかご特有のリラックス感はありつつ、実はレザー素材でリッチアップも叶えてくれるいいとこどり。使い込むほどに風合いを増すから、育てていきたい。 かごバッグ¥71,500(アエタ/アルファ PR)
rihkaのネイルカラー
脱ベーシックなカラーネイルが気になる今季。リーカのネイルは絶妙に今を捉えたカラーが充実。ブランドを手掛けるヘアメイクの松田未来さんのほんのり甘いテイストそのままに、きちんと艶もあるから清潔感のある手元に。 ネイル各¥2,940(すべてrihka/newn)
SOPHIE BUHAIのカチューシャ
大人になった今、インパクト小物ほどいいものを堂々とつけた方がいい。艶素材が上質見せにひとやく。黒髪に馴染みすぎないものを選ぶのがポイント。。 ヘッドアクセ〈黒〉¥34,100〈ネイビー〉¥25,300(ともにSOPHIE BUHAI/エスケーパーズオンライン)

SIMPLE

(シンプルオーセンティック派)

Onitsuka Tigerのコンテンポラリーコレクション
鉄板の白スニーカーもボリュームデザインを選べば、ちょっとモードに。黒のラインが効いているので、印象がぼやけずにキリッと引き締まる。 スニーカー〈DELECITY〉¥17,600(オニツカタイガー/オニツカタイガージャパン お客様相談室)
TOD’Sのキャメルバッグ
カジュアル服にこそレザーバッグは必要。これはハンサムなスクエア型と上品なキャメルの色味が好バランス。斜めがけにも肩がけにもでき、容量の多さも優秀。 バッグ¥237,600(トッズ/トッズ・ジャパン)
EYEVAN 7285のサングラス
サングラスはちょっと冒険くらいがかっこいい。ヴィンテージ感のあるグリーンのフラットレンズも、王道なボストン型なら意外と馴染む。ミルキーホワイトのフレームが今年らしい。 サングラス¥52,800(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)
OMEGAのスピードマスター
フェイスの大きな時計は、腕の細さが強調されて女らしさが逆に際立つ効果が。オールシルバーに黒のフェイスのメンズライクなデザインもモダンでスタイリッシュ。 時計¥605,000(オメガ/オメガお客様センター)
TOMWOODのシルバージュエリー
今選ぶなら、そぎ落とされ、シルバーのみのシンプルデザイン。それぞれに重みと存在感があるから、単品でも重ねてもかっこいい。 ネックレス〈SV〉¥104,500リング〈SV〉¥51,700リング〈SV,マザーオブパール〉¥33,000(すべてトムウッド/トムウッド プロジェクト)

Sweet Style 1

パール×スニーカーの共演!
小物も甘辛両極でオシャレ度アップ

Tシャツにワイドパンツを合わせたシンプルなスタイルこそ合わせる小物で、
テイストを味付けできるのがオシャレの醍醐味。ちょっとクラシックなパールと今どきカチューシャで甘さを足して
足元は堅苦しくしないのが今どき。
グレーのナイロン素材のスニーカーなら、全身ニュアンスカラーのコーディネートに
白ほど強く主張しすぎず、どこか優しくまとまります

2021/08/onitsukatiger_A01-01.jpg

厚めの白ソールで程よくボリューム感はありつつも、アッパー部分がナイロン素材でとにかく軽い一足。印象自体も軽やかなグレーの色味も秀逸。 スニーカー〈HSINTI〉¥10,780( オニツカタイガー/オニツカタイガージャパン お客様相談室)Tシャツ¥12,100(エイトン/エイトン青山)パンツ¥30,800(ポステレガント)レザーかごバッグ¥71,500(アエタ/アルファ PR)ヘッドアクセ¥25,300(SOPHIE BUHAI/エスケーパーズオンライン)パール ネックレス¥396,000(TASAKI)

Simple Style 1

シーズンMIXコーデの
ギャップで生まれる
女っぽいカジュアルが新鮮

端境期だからこそ楽しめる期間限定オシャレがあります。
例えばカシミアタンクにあえてブーツを合わせた季節ミックスもまさにそんなスタイル。
今回合わせたスリッポンは、印象はショートブーツ感覚でスニーカーの履き心地が魅力。細身なトウとパテントブラックでストイックな佇まいながら赤のラインが抜群に女らしい。仕上げはレザーバッグでタンクトップのヘルシーさを中和。

2021/08/onitsukatiger_B01-01.jpg

脱ぎ履きが手間いらずなスリッポンタイプ。パテント素材でブーツ見えの重厚デザインに、赤のラインが遊び心を足したモード見えな一足。 シューズ〈SLIP-ON〉¥38,500(ジ・オニツカ/オニツカタイガージャパン お客様相談室)ニットタンクトップ¥38,500(ピセア)肩にかけたスウェット¥31,900(エイトン/エイトン青山)スカート¥77,000(GABRIELA COLL GARMENTS/サードマガジン)バッグ¥237,600(トッズ/トッズ・ジャパン)時計¥605,000(オメガ/オメガお客様センター)ブレスレット¥152,900(トムウッド/トムウッド プロジェクト)

Sweet Style 2

トレンド色が強めな服こそ
シューズで馴染ませて軽快にするのが正解

トレンドアイテムでありつつ、絶対的に好印象な甘いブラウスもアップデートは必要。
今年らしいビッグな衿のブラウスにテーパードやタックが入ったボリュームのあるパンツを合わせるのが気分。以前はヒールや甘靴を合わせていた足元も今は俄然メンズライクにシフト。モノトーンにまとめたら、モードが立っていいバランスに。

2021/08/onitsukatiger_A02-01.jpg

艶感のあるブラック部分と、マットなホワイト部分で、質感の違うデザインも、ただのクラシック靴で終わらない技ありデザイン。程よく厚底だからスタイルアップ効果も期待できそう。 シューズ〈BROGUE〉¥44,000(ジ・オニツカ/オニツカタイガージャパン お客様相談室)ブラウス¥41,800(yori)パンツ¥26,400(グラフペーパー)バッグ¥27,500(アエタ/アルファ PR)ピアス¥286,000リング¥368,500(ともにTASAKI)

Simple Style 2

オーセンティックなシャツを
ヘルシー&モードな足元で
今っぽくアップデート

アクティブに動けて、洒落て見える光沢ショートパンツはママにもおすすめです。
ただし、足元が最重要。ビーサンやバレエシューズなど軽い足元だとバランスが取りにくく、こんなふうに厚底の靴でボリュームを持たせるとコーデが引き締まります。シャツとショートパンツを水色のワントーンスタイルにして白というセレクトもポイント。

2021/08/onitsukatiger_B02-01.jpg

スニーカー〈DELECITY〉¥17,600 ※今秋発売予定(オニツカタイガー/オニツカタイガージャパン お客様相談室)シャツ¥25,300(グラフペーパー)ショートパンツ¥22,000(エストネーション)バッグ¥204,600(トッズ/トッズ・ジャパン)めがね¥31,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)

Sweet Style 3

ドラマティックなワンピを
リッチなスニーカーでデイリーコーデにIN

ワンピース×スニーカーの超定番スタイルも組み合わせ方で変化を。
今年らしいシースルー素材にたっぷりとギャザーを配した、ドラマティックな甘ワンピース。
こっくりとした秋カラーで揃えたバッグでリラクシー感をプラス。足元はシャークソールが特徴的なデザインの真っ白なレザースニーカーでちょっとモードな切れ味を。

2021/08/onitsukatiger_A03-01.jpg

スニーカー〈COURT-T〉¥38,500 (ジ・オニツカ/オニツカタイガージャパン お客様相談室)ワンピース¥33,000(エストネーション)バッグ¥77,000(土屋鞄製造所)サングラス¥37,400(モスコット/モスコット トウキョウ)リング¥368,500(TASAKI)

Simple Style 3

メンズ顔の小物投入で
鉄板モノトーンコーデをスタイリッシュに

永遠不滅モノトーンスタイルはトレンド要素を上手にプラスして今っぽくアップデート。
今年なら、ジレやベストを活用したレイヤードスタイルもおすすめ。鉄板白Tにはスエードレギンス。素材の違うものを重ねて小物にも色を足さずに質感で変化をつけて。スニーカー、サングラス時計でリッチさもプラス。

2021/08/onitsukatiger_B03-01.jpg

スニーカー〈MOAGE MO〉¥22,000 ※今秋発売予定(オニツカタイガー/オニツカタイガージャパン お客様相談室)ベスト¥30,800(ハイク/ボウルズ)カットソー¥11,000(エレ ストリオフ)スエードパンツ¥60,500(サードマガジン)時計¥605,000(オメガ/オメガお客様センター)サングラス¥52,800(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)バッグ¥22,000(チャコリ × ハイク/ボウルズ)

撮影/花盛友里(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物)スタイリング/斉藤美恵 ヘア・メーク/平元敬一 モデル/森 泉 取材・文/塚田有紀子 デザイン/平岡規子
この記事もおすすめ

FEATURE