VERY STORE
VERY March 2020

VERY

March 2020

2020年2月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

コンサバに履ける白スニーカー10

こんなに流行っていても「やっぱりどうもスニーカーは苦手で……」。そんな人にぜひ試してもらいたいのが、〝コンサバにも履ける〟白スニーカー。足元だけ浮かない、さりげない旬のスニーカー10選をご紹介します。

▼キレイめに履くなら選ぶべきは黒ライン▼ 万能白スニーカーの代名詞的。よりキレイめ&合わせやすさを求めるなら赤より、黒ライン。〝スニーカー苦手〟の神山まりあさんも購入。キャンバス オールスター J OX〈3.3㎝〉¥12,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)
▼甘めルックにもはまるほんのりクリーム色▼ 真っ白よりもスポーティ感がマイナスされ、甘口派にも履きやすい。上質なオールレザー&余計なディテールのないすっきりデザインも苦手克服をバックアップ。9838〈3㎝〉¥23,000(Amb/ハイブリッジ ショーケース 六本木店)
▼キレイめボトムスに似合うモードな艶レザー▼ 切り替えが少なくミニマルな、艶やかレザーのスリッポン。オールホワイトで、ほんのりモード感のあるデザインは、ビギナーに取り入れやすいはず。ソール厚めでスタイルアップ効果も優秀。〈3.6㎝〉¥44,000(ICEBERG/Theory luxe)
▼3.5㎝厚底ソールでSサイズにも履きやすい▼ トウのパイソン柄や太めのシューレースといった辛口ディテールが着こなしを引き締める。小柄さんもバランスがとりやすい。バスケットプラットフォームオーシャンウィメンズ〈3.5㎝〉¥12,000(プーマ/プーマ お客様サービス)
▼スタンスミスは主張控えめな新色グレーを▼ グリーンのアクセントが王道だけど、スタイリングの難易度も高い。グレーやネイビーの無難で大人なカラーを。上質なレザーの風合いも魅力。STAN SMITH W〈2.5㎝〉¥11,000(アディダス オリジナルス/アディダスグループお客様窓口)
▼ほっそりフォルムで上品見えする一足▼ スタイリングになじみやすい、スマートなフォルム。スウッシュ&バックステー(踵の切り替え部分)も上品ベージュで、女性らしさも。W BLAZER LOW LE〈2.7㎝〉¥8,500(ナイキ スポーツウェア/ナイキ カスタマーサービス)
▼スカート合わせが上手くいくハイカット▼ ハイカットは特にスカート派におすすめ、とスタイリストの荒木さん。脚の見え方を調節できるので大人っぽくスタイリッシュにきまるというのが、その理由。こちらも厚めソールで好スタイルに。SK8-HI〈3.3㎝〉¥7,500(VANS/VANS JAPAN)
▼小作りで太パンツもすっきり女っぽくはけます▼ シンプルかつミニマルな作りは、太めパンツなどボリュームボトムスと好相性。ロールアップして足首をしっかり見せると、シューズの華奢さが引き立ち女っぽいスタイリングに。AUTHENTIC〈3㎝〉¥5,500(VANS/VANS JAPAN)
▼キレイめスポーティを叶えるミニマルなオール白▼ オール白&フィットするニットタイプで、ハイテクでも履きやすく。足が目立つ?という苦手派の悩みもミニマルなフォルムが払拭。GEL-KAYANO TRAINER KNIT〈3.2㎝〉¥14,000(アシックスタイガー/アシックスジャパン お客様相談室)
▼レースタイプよりも革靴感覚のベルクロ▼ レースよりも、ベルクロタイプのほうがきちんと見えやすい。クリームカラーと、余計なステッチのないデザインも、レザーシューズ感覚でスタイリングできるポイントに。ECCO SOFT 8〈2㎝〉¥25,000(エコー/エコー・ジャパン)

撮影/柴田フミコ スタイリング/荒木里実 取材・文/櫻井裕美 編集/翁長瑠璃子

※VERY 2018年6月号「スニーカー苦手なまりあさん、春なら白スニーカーですよ!」より。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ