VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

昔っぽくない!老け見えしない!最新ネイビーコーデ7選

気づけばネイビーは学校用というイメージがつきすぎて、落ち着きすぎるような、老けて見えるような気がして、普段のファッションに投入しづらくなっていませんか?でも、ネイビーにはトレンドアイテムやインパクト強めアイテムをうまくなじませてくれる効果もあるんです。品よく今っぽく刷新できる、最新ネイビーコーデをご紹介します!

 

こちらの記事も読まれています

▶︎レースにフレア…甘め派のための【モノトーンコーデ】3選

 

全身ネイビーの日だって、
アイテムを更新すれば
コンサバになりすぎない

トレンドのオールインワンも
ネイビーならカジュアルすぎずに
優しい印象で着こなせる

一枚で着られるデザインのオールインワンは、素材感がスーツのような印象なのでキレイめに着たい人にぴったり。重ね着するよりもスッキリした印象に仕上がります。スニーカー合わせでも可愛い。
オールインワン¥23,100(スプレンディーナ/ユニバーサルランゲージ たまプラーザ テラス店)カーディガン¥29,700(ハイク/ボウルズ)ネックレス[チェーン]¥11,990〈ドソン〉ネックレス[パール]¥14,960〈パール インターナショナル〉ブレスレット¥9,460〈チビ ジュエルズ〉(すべてシップス エニイ 渋谷店)バッグ¥86,900(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)サンダル¥52,800(クレジュリー/ブルーベル・ジャパン)

シースルートップスも
ネイビーで清潔感はキープ
真夏も活躍しそう!

大胆な透け感は黒だと妖艶に見えてしまうこともあるけれど、ネイビーだと上品さはキープできるから、ハードルがグッと下がります。夏の冷房対策にも。
ブラウス¥31,900(ハイク/ボウルズ)パンツ¥71,500(マディソンブルー)リング[4個セット]¥1,799(BROCK COLLECTION × H&M/H&M カスタマーサービス)バッグ¥49,500(コチネレ/三喜商事[コチネレ])スニーカー¥141,900(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

真っ先に取り入れたい
大きな衿のブラウスも
ネイビーで大人の可愛さ

トレンドだから着てみたいけれど、白でも黒でも大袈裟な印象になりがちな大きめディテールの衿。ネイビーなら清潔感を保ってくれるからカジュアル派でも挑戦できそうです。
ブラウス¥41,800(yori)デニム¥24,200(ハイク/ボウルズ)バングル¥11,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)ハンドバッグ¥2,490(ジーユー)トートバッグ¥46,200(ラドロー/ラドロー オンラインストア)サンダル¥12,650(ヌオーヴォニカール/シップス プライマリーネイビーレーベル)

 

いつものコーデに
ネイビーを投入すれば、
〝キレイめの日〟以外でも
大人っぽい

 

派手色を取り入れたいとき
ネイビーと合わせれば
強烈すぎずにコンサバキープ

トレンドのピンクは、今年はコンサバさんでも取り入れたいカラー。ピンク×オレンジ、一見派手に見える組み合わせもネイビーなら受け止めてなじませてくれる。小物もネイビーにすればより落ち着きます。
トップス[2枚セット]¥8,800(Stylist TAKASHI IKEDA×nano・universe/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)スカート¥31,900 カーディガン¥46,200(ともにデザインワークス/デザインワークス 銀座店)ブレスレット¥1,050(アビステ)バッグ¥62,700(エレメ/ユナイテッドアローズ 丸の内店)シューズ¥10,780(ル タロン/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)

定番の黒デニム×白ブラウス
ネイビー小物があれば
カジュアルでもお出かけ仕様

きちんとシーンにももちろん使えるネイビー小物。カジュアルな印象の服だってグッと格上げしてくれるから、登場回数も増えそう。バッグは小ぶりのかっちりしたものを選ぶことで今年らしく。シューズのポインテッドトウが古く見えないのはミュールの抜け感のおかげ。
バッグ¥193,600(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥108,900(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)ブラウス¥28,600(シーオール/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)デニム¥3,990(ユニクロ)

王道ポロシャツは
抜けのあるメッシュ素材で
一気に今っぽさが手に入る

カジュアル感の強いトレンドのハーフパンツ。少年にならずに大人っぽく着こなすには、やっぱりネイビーの力を借りたい。ポロシャツでも古く見えないようにメッシュ素材で今年っぽさをプラスして。
ニットポロ¥7,700(ナノ・ユニバース/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)タンクトップ¥990(ジーユー)ハーフパンツ¥3,990(Gap/Gap新宿フラッグス店)ピアス¥8,800(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥95,700(アフラ/三喜商事[アフラ])シューズ¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)

はきなれたスカートも
サテン+サスペンダーで新鮮
細紐でカジュアルすぎない

カジュアルなファッションが好きだけどパンツは苦手、そんな人にオススメなのが肩紐付きのスカート。素材は女らしいのにディテールで今っぽい印象に仕上げます。
スカート¥19,800(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)トップス¥7,700(ルージュ・ヴィフ アンナ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)デニムジャケット¥42,900(ハイク/ボウルズ)ネックレス¥22,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥18,700(メゾンマッシュパリ/essence of ANAYI)トングサンダル¥15,400(モリーニ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

.

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉 ヘア・メーク/平元敬一 スタイリング/池田 敬 モデル/笹川友里 取材・文/高橋志津奈 編集/井上智明
*VERY2021年7月号「「紺が昔っぽくしか着られない」と思っている人のためのネイビーリニューアル計画」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE