VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【ZARA】の「黒バケハ」が使える!普段着コーデが見違える

毎年初夏の気候になるとじわじわ気になり始める、ママ必携アイテムの帽子。今年は特に、帽子ブームに拍車がかかっています。なぜなら、最旬な形のバスケットハット、通称“バケハ”がますます人気になっているから!ここ数年“バケハ”がマイブームという本誌ライターが、ZARAで見つけた高コスパな夏素材バケハをご紹介します。

昨年冬に買った、COSのフェイクレザー×内ボアのホワイト。悪いところがないというくらいかなりのヒットで、毎日のように被って気がつけば“バケハ”というものの虜に。理由は、キャップよりコンサバに、被るだけでモードに、どんなコーデにも唐突感なくピタッとハマるから。冬は白、夏は黒をよく着るというライター吉田が、夏用のバケハを散々探し回り行き着いたというのが、今回ご紹介するZARAのコットン素材黒いバケットハット。バケハを買う上で私的に大事なのは、お値段。流行り物はコスパ重視なので、2,990円で旬顔になれちゃうこのZARAのハットは、今季の大正解でした。

 

夏の黒小物で、目指すはモードなハンサムママ!
重くならないように色の全体バランスを意識

Totêmeのアラジンパンツが主役ですが、全体的に色がシンプルすぎるので、黒小物たちがこのコーデのいい影の立役者となってくれました。バケハをかぶる時は髪を下ろして全身のIラインを意識し、細見えさせることが多いです。私の場合、バケハ×シニヨンにすると登山します!感が出て普段着っぽく見えず…笑。

 

帽子/ ZARA
カットソー/ ルミノア
パンツ/ Totême
バッグ/JAMES PERSE
パンプス/ JIL SANDER

モノトーンコーデとの相性は言わずもがな。コットン素材なので重すぎる印象もなく、むしろ顔まわりが締まって見えるので小顔効果抜群。黒バケハの場合、顔まわりが暗くならないように、アクセサリーをしっかり盛るのがポイント。モードになりすぎないように、私はあえてゴールドではなくシルバーアクセサリー合わせで色味をスッキリさせるのが好きです。

ハット/ ZARA
カットソー/ N.O.R.C
パンツ/ BANANA REPUBLIC
スニーカー/ ZARA
ナバホパール/ ロンハーマン

 

コットン素材でつばに芯がないのでグシャグシャっとカバンに突っ込んでもシワにならない、黒なので紫外線を通しにくい、首の後ろまでしっかり隠れてUV対策、コンパクト設計なので唐突感なく被れる…これだけメリットの高い、2,990円のバケハ。ZARAの店頭で、一度鏡の前で騙されたと思って被ってみてください。お洒落な自分の新しい一面に、きっと驚くはず。

 

写真・文/吉田なぎ沙

この記事もおすすめ

FEATURE