VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

口コミ付き!みんなの愛用お出かけTシャツ7選

いいTシャツ、トレンドのTシャツはたくさんあれど、Tシャツ一枚で、オシャレ感が出せているか、自分の体形で着こなせるか、お出かけとなると心もとない、というのが実際のところ。これなら自信を持って着られる! というTシャツ事情をリサーチしました。

憧れブランドならではの
クチュール感のあるディテール、
構築的な袖は探し求めていた
ブラウス見えTでした

関 菜々子さん(34歳)

カットソー素材なのにブラウスの華やかさを演出してくれるTブラウス。大胆フリルがこんなにきれいに立体的に出るデザインにはなかなか出会えません。飽きのこないアイテムだからこそ、投資する価値アリ。Tシャツ¥64,900(Alexander McQUEEN)

 

毎年ヒットしている
BIOTOPコラボのパックT。
定番人気のキレイな形は
自信を持って
リピート買いできます

ライター・高橋夏果(31歳)

Hanesの別注アイテムの中でも特に人気なのがBIOTOP。着用したときのラインはもちろん、絶妙なカラーも毎年の楽しみの一つです。カットソー¥5,280(ヘインズ フォー ビオトープ/ジュンカスタマーセンター)

 

変わる体形に
合わせて買い換えれば
産後の体形も
カバーしてくれる
理想のフィット感

田中友梨さん(33歳)

地厚なのに柔らかく、伸縮性に優れたリブ編み素材。袖口のピタピタすぎないデザインと首の詰まり具合、すべてが文句なしのシルエットです。Tシャツ¥2,750(PETIT BATEAU/プチバトー・カスタマーセンター)

 

イタリアの
高級ブランドだけあり
生地の質感と
ニュアンスのある色が
リッチな雰囲気

佐藤かなさん(33歳)

去年VERYの誌面で申真衣さんが着用し、反響のあった高見えTシャツ。メンズのサイズ展開もあり、パパとお揃いで購入された方も。豊富なカラバリもイタリアらしくて素敵。Tシャツ¥18,700(フェデリ/トレメッツォ)

 

シンプルな白Tこそ
ブランド力に頼りたい。
今日はTOTÊMEの
Tシャツ!という自分
だけの高揚感!

ライター・木村幼奈(30歳)

素材、シルエットなど選ぶ基準は様々だけど、流行りのオシャレブランドだから、というプレシャス感だって立派な理由の一つ。Tシャツでもその日一日シャキッと胸を張って過ごせます。Tシャツ¥15,400(トーテム/エストネーション)

 

コンプレックスで
避け続けていた
ノースリを着られる
ようになったのは
この形に出会ってからです

田口 彩さん(32歳)

肩幅を広めにとったロールアップスリーブが前後左右から見たときに気になる二の腕のお肉をカバーして、スッキリ見せてくれます。広めのアームホール効果で更に細見えが叶います。カットソー¥14,300(サクラ/インターリブ)

 

今いちばん気になるブランド
PATOUのTシャツは
華奢というわけではない
私の体をキレイに見せる一枚

岡 佑里恵さん(33歳)

ラフなスカートと合わせてあくまでサラッと着ても自分の中のトキメキは最高潮♡ Tシャツ¥20,900(パトゥ/イザ)スカート¥31,900(ロンハーマン)バッグ¥135,300(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)フラットシューズ¥59,400(ペリーコ/アマン)ピアス¥19,800(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)

 

あわせて読みたい

▶︎「Tシャツ×デニムが物足りない」ときの今どきレイヤードコーデ4選

▶︎【撥水オシャレ名品7選】晴雨兼用で着回せる万能アイテム【2021夏】

.

撮影/谷田政史〈CaNN〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物)スタイリング/大野千歩 ヘア・メーク/後藤若菜〈ROI〉モデル/浅見れいな ライター/木村幼奈 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年6月号「近づく夏、今までで一番、Tシャツが好き」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE