VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

部分やせに効く【ボリュームブラウス】華奢見せコーデ10選

デコラティブなデザインや一枚で華やかになれるブラウスは、今や“きれいめ服”の定番的存在に。さらにブラウスは、選び方次第では薄着の季節に気になる部分太りをカバーしてくれるアイテムでもあります。いま投資するべきブランドとシルエットは?着こなしのコツや着やせのポイントもリサーチしました!

腰周りカバーできる

KEINA RITA[ケイナ リタ]のバルーンブラウス

【DATA】
体形カバー:★★★★
トレンド:★★★★★
扱いやすさ:★

2019年デビューの「歳を重ねることを喜びに」「上品でありながら華やかで知的な女性」をコンセプトにした新ブランド。カジュアルにもドレスアップにもTPOを問わずに着用できるとして可愛いが大好きな女性たちから圧倒的な人気。発売するとすぐに完売と話題に。今回は着やすくて腰周りがカバーできるブラウスに注目。

裾がバルーンになってお尻が隠れる絶妙な丈感。後ろについたスカラップのリボンもニクい可愛さ。ブラウス〔4月末発売予定〕¥38,500(KEINA RITA)

 

ボリュームトップスならピタピタスキニーの腰周りも自然と隠れる! ブラウス〔4月末発売予定〕¥38,500(KEINA RITA)デニムパンツ¥26,400(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)肩にかけたカーディガン¥18,700(カデュネ/カデュネ プレスルーム)バッグ¥107,800(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)パンプス¥82,500(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)イヤリング¥8,800 ブレスレット¥7,560(ともにアビステ)

ランチなどいつもよりオシャレ度を上げたいときに印象的なブラウスが一枚あると自信が持てる。そしてこのブラウスデザインで腰周りが隠れるからたくさん食べても大丈夫なおまけ付き♡ ブラウス〔4月末発売予定〕¥38,500 パンツ¥49,500(ともにKEINA RITA)バッグ¥53,900(デメリエー ロンドン/アパルトモン 青山店)イヤリング¥4,320 ブレスレット¥6,300(ともにアビステ)

 

丸い体を女らしく見せる

LOEFF[ロエフ]の透け感ブラウス

【DATA】
体形カバー:★★★
トレンド:★★★★
扱いやすさ:★★★★

チームVERYでも支持率急上昇のロエフ(LOEFF)は2019年にユナイテッドアローズのオリジナルレーベルとして立ち上がったブランド。2020年6月にはミッドタウンにショップもオープンして、ますますファンが増えている。「年齢を重ねても大切にしたい日常着」をコンセプトにシンプルながら細部や雰囲気にエッジが効いたアイテムが揃う。

肌に馴染む生成り、ほんのり透けた感じが30代の丸みのある体も美しく見せてくれる。ブラウス¥39,600(ロエフ/ロエフ 六本木店)

カジュアル見えなカーキのパンツとも馴染む生成りが優しい印象に。ブラウス¥39,600(ロエフ/ロエフ 六本木店)パンツ¥34,100(ロンハーマン)バッグ¥132,000(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)バッグに付けたスカーフ¥17,600(マニプリ)パンプス¥106,700(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン PR)ブレスレット¥8,640(アビステ)

サロペットというだけで幼く見えたりカジュアルに見えたりしがちですが、透け感のあるブラウスを合わせることで女性らしい印象に。ブラウス¥39,600 サロペット¥39,600(ともにロエフ/ロエフ 六本木店)バッグ¥237,600 サンダル¥86,900(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥7,700 ブレスレット¥14,300(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

二の腕がカバーできる

Cecilie Bahnsen[セシリー バンセン]の背中開きブラウス

【DATA】
体形カバー:★★★★★
トレンド:★★★
扱いやすさ:★★★★★

昨年からじわじわとファンが増えているこのブランドは、カジュアルな足元でも可愛くいられると、足元はぺたんこが必須になる乳幼児ママにも大人気。二の腕やお腹周りは隠れるのに背中が開いてるので袖やウエスト周りがふんわりでも抜け感があってオシャレ見えするのが人気の秘密。

ブラウス¥88,000(CECILIE BAHNSEN/greenroom)

 

デニム×白Tはストイックすぎて無理という人におすすめなコーデ。定番中の定番の組み合わせでもブラウスのパンチでオシャレ指数が上がる。ブラウス¥88,000(CECILIE BAHNSEN/greenroom)デニムパンツ¥35,200(スリーバイワン/アパルトモン 青山店)カゴバッグ¥5,280(マリー・ルイーズ/ラヤン)スニーカー¥7,700(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ネックレス¥70,400(Harpo/エスケーパーズオンライン)
腹周りが隠れるうえにハイウエスト見えでスタイルよく少年っぽさ回避。ブラウス¥88,000(CECILIE BAHNSEN/greenroom)ハーフパンツ¥12,100(アンクレイヴ)バッグ¥40,700(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サングラス¥36,300(アイヴァン/アイヴァン PR)バングル¥19,800(イン ムード/フォーティーン ショールーム)
カジュアル見えしそうなベージュのパンツも可愛いブラウスがあれば女っぽくシフトできる。ぺたんこでもバランスが取れるのはハイウエスト気味の切り替えのおかげ。脚長効果抜群。ブラウス¥88,000(CECILIE BAHNSEN/greenroom)パンツ¥11,999(ノーク)バッグ¥113,300 サンダル¥80,300(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ブレスレット¥14,300 ピアス¥9,900(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレジャパン)

 

華奢な首下をカバーする

Merlette[マーレット]のギャザーブラウス

【DATA】
体形カバー:★★★★★
トレンド:★★★
扱いやすさ:★★★★★

2016年にNYで生まれたブランドは日本にもセレクトで入ってきて瞬く間に人気に。軽いピマコットンを使って常に女性らしさを忘れずディテールにこだわりがあり、エレガンスさもあって、さらに着ていてストレスフリーなのも魅力。アイロン要らずで昨夏人気が大爆発しました。

胸元にスモッキングのデザインがあるので頼りない胸元の人が着ても立体感のある体に見えるはず。右からブラウス¥58,300 ブラウス¥61,600 ブラウス¥55,000(すべてマーレット/サザビーリーグ)

優しい色味のベージュはワントーンで大人っぽく着るのもあり。色違いで購入するファンも多数。ブラウス¥61,600(マーレット/サザビーリーグ)スカート¥26,400(エストネーション)バッグ¥53,900(MODERN WEAVING/エスケーパーズオンライン)サンダル¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)ブレスレット¥17,600 リング¥5,500(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

ネイビーベースの花柄だから派手な印象もなく可憐なイメージで、普段柄を着ない人でも取り入れやすそう。ブラウス¥58,300(マーレット/サザビーリーグ)デニムパンツ¥27,500(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥41,800(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)手に持ったストール¥28,600(アソース メレ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)サンダル¥48,400(ネブローニ/フラッパーズ)

お揃いのボトムスを合わせてワンピースのように着るのも新鮮。ネイビーなら小物次第で学校やお稽古にも。もちろん単品でも活躍するのでワードローブの中心アイテムに。ブラウス¥55,000 スカート¥41,800(ともにマーレット/サザビーリーグ)バッグ¥28,600(オルセット/オルサ)ピアス¥50,600(SOPHIE BUHAI/エスケーパーズオンライン)

.

撮影/渡辺謙太郎(人物)、 魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/大野千歩 ヘア・メーク/平元敬一 モデル/東原亜希 取材・文/高橋志津奈 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年5月号「【大特集】ブラウスは「きれいめの日」、ワンピは「カジュアルの日」PART4」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE