〝どっちにも使える服〟って最高!

2018.04.06

みんな〝どっちにも使える服〟を
上手に活用して乗り切ってました

私たちの日常って、
実は彩りにあふれてる♡

子どものため、夫のため、そして自分のためにタスクをこなし毎日頑張るママの日常は、いろいろな用事で忙しい。だからこそ、一点投入するだけで簡単にオシャレに見せてくれる旬アイテムが必要なんです。幾つものシーンに使えるならば……買ってよし(笑)。ライフスタイルに合わせた旬アイテムを厳選してリストアップ!

どっちにも使えるITEM-1

ENFÖLD(エンフォルド)
柄トップス

フラワー、チェック、ストライプ……この春は柄アイテムが豊作。一枚で印象が華やぐから、時間に追われるママのバタバタ感を上手に隠してくれます。今選ぶなら、きれいめカラーのチェック柄プルオーバー。オシャレに出かけたランチから帰って、ボトムスをデニムに穿き替えてお迎えに行けば、そのまま公園もOK! 実は無地のトップスより汚れが目立ちづらいという利点も♥

2018/04/VERY_201805_055-001s.jpg
着映え力大のカラーチェック柄のブラウスは立ち 衿やパフスリーブが上品。アウトでもインでも着 られる丈も絶妙。トップス¥28,000(エンフォルド)

ママランチでも使える!

 

2018/04/VERY_201805_054-000.jpg

黒のロングスカートと合わせたら
カジュアルドレスアップが完成

たっぷりとボリュームのあるレディなロングスカートにインして着たら、スタンドカラーのクラシックさがいっそう際立つ。カゴバッグで抜け感をプラスし、ちょっとフレンチシックな雰囲気に。トップスは同じ スカート¥25,000(ヴェルメイユ パー イエナ/ヴェルメイユ パーイエナ 名古屋店)サングラス¥30,000(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥14,000(ココシュニック)バッグ¥42,000(エバゴス)シューズ¥39,000(ロランス/デミルクス ビームス新宿)

子どもと公園でも使える!

2018/04/VERY_201805_055-000.jpg

デニムとコンバースなら無敵!
ヘルシーさ&可愛げをいいとこ取り

シャツ感覚でアウトしてラフに着るのも可愛い。構築的なフォルムと前後差のあるシルエットで、いつものブルーデニムが鮮度アップ。ローカットコンバースで足首を見せて、軽快さを出したのもスタイルアップのポイント。トップスは同じ パンツ¥29,000(ブルーバードブルバード/ウエスト)バッグ¥142,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)〈男の子〉Tシャツ¥30,000(フェンディ/マ・メール 東京オフィス)※それ以外はスタイリスト私物

どっちにも使えるITEM-2

YLÈVE(イレーヴ)
ロングシャツ

復職ママの買い足しリストに毎年エントリーされるワンピース。バタバタな朝にコーデいらずでサマになる手軽さと、確実に女らしさが盛れるのがポイントです。今年なら断然リネン素材に注目。去年から人気継続のロングシャツなら、羽織りものとしても有効。そのまま抱っこ紐もしやすいから、休日のママタイムにと、オンオフ大活躍!

2018/04/VERY_201805_058-001.jpg
抜群のこなれ感で今季の大本命のリネン素材。サ イドスリットで、一枚でも重ねても着やすい。ロ ングシャツ¥32,000(イレーヴ/アングローバル)

抱っこ紐でも使える!

2018/04/VERY_201805_058-000.jpg

軽羽織りに優しげな
最旬リネンシャツ投入で
抱っこ紐コーデを更新

茶系ワントーンに、インナーのパープルを効かせた洗練配色。麦わらバッグで都会のヴァカンスコーデに。ロングシャツは同じ トップス¥9,000(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー丸の内店)パンツ¥28,000(オーラリー)サングラス¥52,000(アイヴァン 7285/アイヴァン7285 トウキョウ)バッグ¥10,000〈ビーチゴールド〉シューズ¥11,000〈ロッティーニ〉(ともにジャーナル スタンダードレリューム みなとみらい店)

リーマムの復職にも使える!

2018/04/VERY_201805_059-000.jpg

リネン素材ワンピを
黒小物で引き締めて
お仕事モードに変身!

タイトすぎずふんわりすぎないIラインシルエットで、ワンピとしてさらりと着ても大人っぽくて素敵。通勤には上までボタンを留めてミニマルに着るのが正解。黒バッグを合わせて、いっそう端正な雰囲気に。ロングシャツは同じ ピアス¥12,000(クローン/ジャーナル スタンダード レリューム みなとみらい店)バングル¥8,500(サンディ/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)バッグ¥39,000(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/福田麻琴 ヘア・メーク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 モデル/東原亜希、青木裕子 取材・文/塚田有紀子 編集/鈴木恵子 撮影協力/コンセプトスタジオveda、L'IGNIS

※VERY 2018年5月号「買い物に迷った時の基準はここ 〝どっちにも使える服〟って最高!」プロローグより。

掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE