VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【emmiの限定スニーカー】この春買うべき4選!

EMMIのコラボスニーカー

現在発売中のVERY4月号「春スニーカーのVERY的コーデ・ベスト10」特集で紹介されている、人気アパレルブランド『emmi』の限定スニーカー。毎シーズンさまざまなブランドとのコラボが話題を呼ぶemmiですが、今季は特にオシャレ!とすでに人気を集めています。そこで今回は、「emmi限定スニーカー」のなかでも、おすすめの4足の紹介に加え、本誌コンサバ派ライターがピックアップした注目スニーカーを春コーデの着回しスタイルにトライします!

1. 限定カラーのNIKE「DAYBREAK」

2021/03/IMG_4249.jpg

足に優しくフィットして、一日中快適に過ごせます。スエードと合成皮革を重ね合わせたナイロンアッパーが、クラシックな80年代のスタイルを再現しているのもポイント。アイボリー×ライトグレーの大人配色は、どんなコーデにもなじみやすい!華やかなイエローのナイキマークが、コーデのアクセントとして一役買います。

スニーカー「W NIKE DAYBREAK」[emmi限定カラー]¥11,000〈ナイキ ミーツ エミ〉(エミ ニュウマン新宿店)

 

2. 限定カラーのNew Balance「WS327」

2021/03/IMG_4250.jpg

1970年代のニューバランスを代表するランニングシューズ「320」「355」「Super Comp」からそれぞれの象徴的なデザインとディテールを取り入れ、現代的なモデルに再構築した「327」。印象的な「ビッグNロゴ」やブラウンのシューレースが、スタイリッシュかつこなれた雰囲気に仕上げてくれます。汚れが気にならないのも嬉しい!

スニーカー「327」[emmi限定カラー]¥11,990〈ニューバランス〉(エミ ニュウマン新宿店)

 

3. 限定モデルのUGG「CA805」

2021/03/IMG_4248.jpg

高級感のあるヌバックレザーを全面に施したCA805は、5.7cmのソールで脚長効果抜群です。さらに、クッション性の高いアウトソールが、快適な履き心地を実現してくれます。メンズライクなフォルムと優しげなベージュの組み合わせで、コーデのオシャレ度をアップさせること間違いなし。今どきなワントーンコーデにもおすすめです。

スニーカー「CA805」[emmi限定モデル]¥19,800〈アグ〉(エミ ニュウマン新宿店)

 

4. 限定モデルのPUMA「RS-2K」

2021/03/IMG_4243.jpg

PUMAのRSシリーズ新モデルとなるRS-2Kは、曲線を多用したデザインが特徴です。“パーツごとにカラー・素材を入れ替えるという手法を大胆に取り入れた一足に。抜け感のあるホワイト×グレーのカラーリングで、ボリューミーなシルエットでも女性らしく履くことができます。

スニーカー「RS−2K Steaming」[emmi限定モデル]¥14,300〈プーマ フォー エミ〉(エミ ニュウマン新宿店)

 

【UGGのCA805を私服に合わせて履いてみた!】

❶辛口コーデに抜け感をプラス

2021/03/IMG_4863-2.jpg

モノトーンコーデに、春らしいミリタリーシャツをON。普段なら黒スニーカーを合わせるところをベージュにするだけで、モードになりすぎず、心地よい抜け感が生まれました。黒のテーパードパンツ×厚底スニーカーで、美脚効果も発揮してくれます。

tops:UNIQLO
shirt:plage
knit:allureville
pants:Spic & Span
shoes:UGG
bag:CHANEL

❷ピンク×ベージュで春らしく

2021/03/IMG_4832.jpg

甘口なピンクのワントーンコーデに、あえてメンズライクなトレンチコートやスニーカーを合わせるのが今の気分。全体がカジュアルになりすぎないのは、まろやかなベージュのおかげです。UGGのスニーカーは、ボリューミーながらもすっきりとしたシルエットなので、ワイドパンツと合わせても◎。

knit:SHIPS
pant:NOBLE
outer:Demi-Luxe BEAMS
shoes:UGG
bag:CHANEL

 

スニーカー初心者の方でも履きやすいこと間違いなしの「emmi限定スニーカー」。普段は専らパンプス派の私でも、絶妙なカラーリングや女性らしいシルエットに心奪われました! 皆さんも是非チェックしてみてくださいね。

▶︎emmiオンラインストア

▶限定モデルのUGGスニーカーはこちら

取材・文/岸本真由子

この記事もおすすめ

FEATURE