VERY November 2020
VERY NAVY

VERY

November 2020

2020年10月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

田丸麻紀さん〝光沢アイテム〟で作る、春のキレイめ計画

トレンド感と自分のスタイルをMIXする、洗練されたコーディネートが読者から大人気の田丸麻紀さん。きちんと感を取り入れた、田丸さん流の春のオシャレ計画をご紹介。

ポイントは光沢アイテム。「サテンやシルキーなもの。光沢素材は、季節の変化やきちんと感を手軽に出せるものだと思っています」

春服へのはやる気持ちを抑えられない端境期、私は「光沢アイテム」を手に取ります。ツヤとしっとり感が、ニットやアウターを軽く見せ、程よく春へと促してくれるから。ほのかなドレッシーさがきちんと感を満たし、気分もグンと上がるんです。

ライダースに、ドレッシーな一足を合わせる絶妙アンバランスが好き

ボトムスと足元は極限まで女らしく。ピンクのペイズリー柄で冒険したい。ジャケット、サンダル(田丸さん私物)Tシャツ¥8,800(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット玉川髙島屋S・C店)スカート¥60,000(ドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店)バッグ¥38,000(オルセット)ピアス¥15,000(グロッセ/グロッセ・ジャパン)バングル¥9,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)
ドレスアップもできるほど色気のあるデザインを、スキンベージュを選んだことで、日常、柄物や色と合わせる楽しみができました。肌馴染みの良いベージュのサンダル、ピンクのペイズリー柄、ネイルも赤を塗って、とことん女っぽい足元をつくりたいです。

スカートでのツヤ投入が1番手軽な春移行。じんわり淡色で始めたい

春に向け、真っ先に購入したスカート。スカート¥15,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)プルオーバー¥21,000(デ・プレ/デ・プレ 丸の内店)手に持ったGジャン¥23,000(レッドカード/ゲストリスト)サンダル¥49,000(ネブローニ/フラッパーズ)ピアス¥90,000(マリハ/ショールーム セッション)サングラス¥44,000(ティエリー ラスリー/ブリンク外苑前)
足元にツヤがあるだけで、春を演出できると思います。今春は、ヒールで気合いを入れてきちんと感を出すのではなく、光沢のある素材、それもカラフルな足元に頼ってお出かけ前の仕上げをしたい。大好きなネブローニ、ここ数年注目のスリッパ型もヴィヴィッドな色をセレクト。【右から】サンダル¥42,000(ネブローニ/フラッパーズ)スリッパ¥36,000(annabaiguera/デ・プレ 丸の内店)

撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 ヘア・メーク/清水ヤヨエ〈+nine〉 スタイリング協力/鈴木仁美 取材・文/藤井そのこ 編集/澤辺麻衣子

※VERY 2018年3月号「きちんと上手なあの人の春のキレイめ計画」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ