いつもの服でちょうどいい華やかさを作る〝3割増し〟のルール

2017.12.29

いつもカジュアルな服装で会っているママ友と、ホテルのビュッフェやレストランなどに行こうと盛り上がったものの、さて、なにを着ていく……!?いつもの自分のキャラを変えず、でも決して盛りすぎに見えない、そんなファッションの正解は〝華やかさ3割増し〟です!

いつもの黒パン×黒透けトップス

◉正統派の衿付きシャツなら、辛口の華やかさに!

きちんと感のあるシャツも、透け感があればお出かけに相応しい華やかな印象に。ベーシックなシャツは、しっかりボタンを上まで留めて着るのが今年の正解! 真っ黒コーデだからバッグは印象的なものを持っても派手に見えません!

2017/12/VERY_201801_138-002.jpg
ブラウス¥19,000(ハイアリン/ストラスブルゴ)パンツ¥57,000(マディソンブルー)ピアス¥33,000(ホリー ライアン/エストネーション)バッグ¥42,000(MAISON BOINET/ANAYI)

◉いつものデニムなら思い切った透け感を楽しむのもあり!

黒デニムといういつもの自分らしさベースにすれば、思い切った透け感も楽しめるはず。板谷由夏さんがプロデュースしたカジュアルが得意なブランドが作るブラウスだから大胆な透けでもいやらしくならずに着られそう。

2017/12/VERY_201801_138-001.jpg
ブラウス¥28,000(シンメ/チェルシーフィルムズ)パンツ¥29,000(マザー/サザビーリーグ)バングル¥21,000(SASKIA DIEZ/ロペ エターナル)バッグ¥360,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)

いつものニット×派手プリーツ

◉シャンパンゴールドはモノトーンベースで!

単体では派手な印象のスカートも、合わせが黒ならまるでグレーのようになじみます。これぐらいの派手さが、ホテルにはピッタリ!

2017/12/VERY_201801_139-001.jpg
スカート¥10,093(Gap/Gapフラッグシップ原宿)ニット¥14,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)チョーカー¥65,000(クルエン/エストネーション)バッグ¥13,000(マルロン/ル タロン 吉祥寺店)ブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ/ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店)

◉グラデーションコーデもお出かけスタイルに◎

ペールカラーのスカートは濃い色のニットで引き締めて、グラデーションに。服がワントーンだからバッグはインパクトカラーを持ってくるのもあり。立ったり座ったりが多いビュッフェにはシワになりにくいニットスカートは有効!

2017/12/VERY_201801_139-000.jpg
スカート¥62,000(ebure)ニット¥18,000(エストネーション)ピアス¥7,000(SASKIA DIEZ/ロペ エターナル)バッグ¥113,000(ピエールアルディ/ピエール アルディ 東京)ブーツ¥23,000(マリアン/ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店)

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/TOMIE(nude.) モデル/滝沢眞規子 取材・文/高橋志津奈

※VERY2018年1月号「普通すぎたら無粋、盛りすぎると気恥ずかしい 冬休みビュッフェは3割増しでいこう!」
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE