VERY March 2021

VERY

March 2021

2021年2月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「黒ダウン」はロング丈一択!ダウン見えしないデザイン4選

今年はシームレスやインナーダウン内蔵でぱっと見、普通のコートな〝ダウン見えしない〟ロングダウンが一大トレンドに。防寒力はそのままに、気になるスポーティ感を払拭して都会的に進化。毎日の公園だけでなく久しぶりの外出でも防寒優先に見えない洒落感が気分をアゲてくれます。

 

ロングなのに軽やか。
ドラマティックに映えて
防寒とオシャレを両立!

森泉さんが着こなすロング丈の黒ダウン

森泉さんが着こなすロング丈の黒ダウン
森泉さんが着こなすロング丈の黒ダウン
森泉さんが着こなすロング丈の黒ダウン

ふんわり広がるシルエットのオーバーコートと発熱中綿シンサレートを入れたキルティングライナーの2枚仕立てだから、しっかり防寒しつつ美シルエットを保てます。どちらも単体で着られるので3WAYで3シーズン着られます。フード付きコート¥50,000(レリル/アナディス)カットソー¥8,500(ブラックバイマウジー/バロックジャパンリミテッド)カーディガン¥39,000(ル フィル/LE PHIL NEWoMan新宿店)パンツ¥34,000(ラグ & ボーン/rag & bone 表参道店)バッグ¥39,800(オソイ/UTS PR)シューズ¥85,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)左耳ピアス¥35,000 右耳ピアス¥24,000(ともにリューク/ストローラーPR)ネックレス¥39,000(ロンハーマン ジュエリー/ロンハーマン)

 

◉着用したのは「lelill」

フード付きコート¥50,000(レリル/アナディス)

 

▶︎卒業式・卒園式におすすめ「春アウター」7選!普段も着られる

 

◉Theory

セオリーのロング丈の黒ダウン

実用性が高く頼りになる黒ロングこそ
ダウン感が薄い見た目にこだわって

一見普通のコート見えするシームレスならきれいめなスカートコーデに羽織ってもミスマッチを起こさずなじみます。リバーシブルなのでスポーツ観戦などアスレジャー感を出したいシーンではキルティング、と表情を変えることも可能。リサイクルダウンを使用し、環境への配慮もうれしいポイント。ダウンコート¥68,000(セオリー/リンク・セオリー・ジャパン)カットソー¥19,000 スカート¥23,000(ともにロンハーマン)バッグ¥9,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ブーツ¥28,100(スタッカート/バロックジャパンリミテッド)

 

 

◉YOKO CHAN

ヨーコチャンのロング丈の黒ダウン

パールとミニマルなⅠラインが着映える。ダウンコート¥86,000(YOKO CHAN)

 

 

◉emmi

エミのロング丈の黒ダウン

キルティングとのリバーシブル、ボリューム感のあるAラインでモードに。ダウンコート¥45,000(金子綾×ナンガ×エミ/エミ ニュウマン新宿店)

撮影/蔦村吉祥丸(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/竹村はま子 ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉 モデル/森 泉 撮影協力/ミヤシタパーク、THE BLUE CORNER 取材・文/増田奈津子 取材協力/近藤真梨奈 編集/鈴木恵子

*VERY2021年2月号「防寒とオシャレ、とうとう両立できちゃった! PART1 今年こそダウンと向き合いたい2021・冬」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE