VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

公園ボトムスにサテン素材!30代の光沢パンツ・スカート8選

冬のお出かけコーデとなるとついダークめのトーンで落ち着きがち。トップスはベーシック一辺倒でも、ボトムスに“艶やか素材”をプラスするだけで全体の印象はぐっとオシャレに見えるんです。おすすめなのが、サテンのスカートやパンツ。大人にぴったりの色とデザインを探してきました!

 

 

サテンボトムスなら、
公園仕様のカジュアルコーデも
女っぽく見せてくれる!

サテンパンツ、サテンスカートのコーデ

◉Pants:ASTRAET

素材MIXで奥行きが出て
ベージュグラデもぐっと華やかに

程よく肉厚で脚のラインを拾わない。ハンサムすぎず親しみやすいからワイドが苦手なママもOK。サテンパンツ ¥26,000(アストラット/アストラット 新宿店)Vネックプルオーバー ¥45,000(ebure)Tシャツ ¥13,000(ADAWAS/ショールーム セッション)ストール ¥45,000(アソース メレ フォー ロンハーマン/ロンハーマン)サングラス ¥19,000(RHC/RHC ロンハーマン)ローファー ¥26,000(ルカ グロッツ/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

 

◉Skirt:JOURNAL STANDARD

冬に不足するツヤと軽さを補って
らくちんなのに女っぽく

冬こそサテンが使えるのはニットやウールなど重たい素材に抜けを作ってくれるから。サテンをベースにすれば同系色のトップスを合わせるだけでOK、カラーコーデのハードルも下がってぐっと身近に。淡い色味は季節をまたいで春まで活躍してくれます。サテンスカート ¥14,000〈ジャーナルスタンダード〉白フォトロンT ¥6,500〈ジャーナルスタンダード〉ショルダーバッグ ¥18,000〈ピエニ〉ブーツ ¥19,800〈モヒ〉(すべてジャーナル スタンダード 表参道)シャツコート ¥55,000(någonstans)

 

 

◉CELFORD

サテンパンツ

ベージュコーデを刷新、フレッシュな印象に。サテンパンツ ¥15,000(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)

 

 

◉JOURNAL STANDARD

白のサテンパンツ

カジュアルすぎない〝きれいめ〟にあがる。サテンパンツ ¥13,000(ジャーナル スタンダード/ジャーナル スタンダード 表参道)

 

 

◉LE PHIL

カーキ色のサテンパンツ

カーキ感覚で気負わずに着られて女っぽいギャップが♡。サテンパンツ ¥19,000(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店)

 

 

◉emmi

オレンジのサテンスカート

ベージュ、ブラウンとなじみがいいオレンジでウォーミーな雰囲気に。サテンスカート ¥15,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)

 

 

◉FREAK’S STORE

ブルーのサテンスカート

手持ちネイビートップスが今年顔に、ワードローブも活性化。サテンプリーツスカート ¥5,450(フリークス ストア/フリークス ストア渋谷)

 

 

◉HÉLIOPÔLE

セージ色のサテンスカート

公園にも浮かずになじむナチュラルなセージカラー。甘くないのに女っぽく。サテンスカート ¥17,000(エリオポール/エリオポール代官山)

 

 

撮影/三瓶康友(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/岩田槙子 ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉 モデル/青木裕子、辻元 舞 撮影協力/Mr.FARMER 駒沢公園店 取材・文/増田奈津子 編集/鈴木恵子

*VERY2020年12月号「毎日オシャレのヒントがいっぱい!/ハッピーはわたし次第!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE