VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

イケダンスタイリストが指南「海で素敵な旦那さん」

〝どこまで崩すか〟抜きどころがモノをいう水際ファッションは、簡単なようでいて実はとても難しい着こなしの一つ。バカンスシーズンも到来し、海でプールでとますます出番が増えるこのおしゃれの悩みを、イケダンスタイリスト池田敬さんが解決します。

長袖×ハーフパンツ。 これまでとは逆の発想で 大人な夏の装いに

上を長く、下を短く。大胆だけど誰にでもマネできるアイデアで、夏服のマンネリを解消。いつもは主役の白Tをわき役として間にはさむのも、シャレて見せるテク。

2017/08/VERY_201708_158-000.jpg
パンツ¥7,000(パタゴニア/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)カットソー¥7,800(フレッド シーガル)白T¥8,500(フィルメランジェ)サング ラス¥31,000(モスコット/モスコット トウ キョウ)時計¥1,270,000(IWC)サンダル¥1,850(ハワイアナス/ドウシシャ お客様相談室)

池田さんのオススメは「patagonia の〝ハーフパンツ〟」

  • 速乾素材で水着としても◎
  • インナーつきで一枚ではける
  • 黒orカーキが使いやすい
2017/08/VERY_201708_158-001res.jpg
裏には速乾性の高いメッシュライナーつき。右後ろにはポケットも。パンツ各¥7,000(パタゴ ニア/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)

「大人の水際ファッションは気張らず〝ご近所服〟感覚で」

男性の休日ファッションにおいて気張りすぎはNGですが、その最たる例が、水辺でのファッション。海やプールにほどほどのさわやかさは必要とはいえ、いかにもな「白パン」や「白デニム」ではかえって悪目立ちしてしまいがちです。涼しさや夏らしさは、色よりも丈や素材で取り入れるのがベター。大人には敬遠されがちなハーフパンツも、シックな色を選べばまず間違いありません。(スタイリスト・池田敬さん)

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉(人物)、草間大輔〈impress+〉(静物) スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/平元敬一〈NOBLE〉 モデル/渡辺 剛、東原亜希 取材・文/伊藤真知

※VERY 2017年8月号「夏の定番カジュアルパンツ、どう着こなすのが正解?目指せ! 海で素敵な旦那さん」より。
※掲載の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)