人気のキーワード
VERY February 2021

VERY

February 2021

2021年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

今年もキルティングとボア!カジュアルに合うきれいめアウター7選

冬のアウター選びは、今のライフスタイルに合っていることはもちろん、できれば長く使えるものを選びたい! ご近所が行動範囲でも自転車でのお迎えから公園遊びまでアクティブなママが選ぶなら、普段着に合わせやすくて今っぽいボアやキルティングのカジュアルアウターがおすすめです。

 

 

✔「キルティングコート」

◉R JUBILEE

ラフなコーデに馴染んで
品もあるキルティング。
ラウンドカットならこなれ感に差が出る
前を開けて着た時に見えるバイカラーが、オシャレのスパイスに。[ママ]ベージュキルティングコート¥54,000(R JUBILEE/ショールーム セッション)ニット¥35,000(ゲミニー/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)パンツ¥5,400(グリーンレーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング渋谷マークシティ店)マルチショルダー¥25,000(OAD NEW YORK/ショールーム セッション)フラットシューズ¥30,000(フラッタード/ストラスブルゴ)[キッズ]アウター¥13,000 パンツ¥9,000(ともにザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)ロンT¥5,000(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル 青山店)

 

★モデル着用★軽さも暖かさも両立。キルティングコート¥54,000(R JUBILEE/ショールーム セッション)

 

◉COMPTOIR DES COTONNIERS

ハンサムカーキなら
いつものコーデが即アカ抜ける♡
ミリタリーJK感覚で羽織れるカーキは、カジュアルコーデがピリッと締まって合わせやすさもピカイチ。カーキキルティングジャケット¥18,000(コントワー・デ・コトニエ/コントワー・デ・コトニエ ジャパン)ニット(10月中旬展開予定)¥9,500(Mila Owen)デニムパンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)ピアス¥3,490(税込)(バナナ・リパブリック)バッグ¥37,000(ラドロー/ラドロー オンラインストア)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

 

▼“キルティングコート”の
旬なバリエーション

◉COMPTOIR DES COTONNIERS
★モデル着用★カーキキルティングジャケット¥18,000(コントワー・デ・コトニエ/コントワー・デ・コトニエ ジャパン)

◉MACKINTOSH PHILOSOPHY
フード付きキルティングコート¥44,000(マッキントッシュ フィロソフィー/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

◉Traditional Weatherwear
オーセンティックな雰囲気でエレガント。ネイビーコート(別注)¥28,000(トラディショナル ウェザーウェア/エリオポール代官山)

 

 

✔「ボアコート」

キレ味よく仕上がる
ビビッドカラー合わせがオススメ

ウエストが絞れるから、スタイルUPも叶っちゃう。ボアコート¥50,000(ジェーン スミス/プラージュ 代官山店)フーディ¥12,000(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)ロンT¥18,000(エイトン/エイトン青山)スカート¥16,000(ノーク バイザ ライン/ノーク)バッグ¥53,000(ラドロー/ラドロー オンラインストア)ショートブーツ¥33,000(デ・プレ/デ・プレ)メガネ¥34,000(プロポ/プロポデザイン)

 

 

▼“ボアコート”の
旬なバリエーション

◉JANE SMITH
★モデル着用★お得感◎なリバーシブルデザイン。ボアコート¥50,000(ジェーン スミス/プラージュ 代官山店)

◉Marmot
メッシュの裏地で着心地も快適。アイボリー×コーデュロイジャケット¥16,000(マーモット/デサントジャパン お客様相談室)

◉Cape HEIGHTS
アイボリー×フリースジャケット(別注)¥29,000(ケープハイツ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)

▶︎あわせて読みたい!

【2020秋冬】30代ファッションをオシャレに見せるコーデのコツは?

産後ママには“カラーコート”!顔映えと体形カバー目線のおすすめ4選

 

 

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/出口奈津子 ヘア・メーク/川村友子、TOMIE〈nude.〉 モデル/東原亜希、フジモト フウゴ 撮影協力/EATALY HARAJUKU、MARLMARL Flagship Shop代官山店 取材・文/森田晴菜 編集/太田彩子

*VERY2020年11月号「〝オシャレの現在地〟どんぴしゃコート」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ