VERY April 2021
VERY NAVY

VERY

April 2021

2021年3月5日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

除菌グッズ、エコバッグもオシャレ!ファッション業界ママのバッグの中身

小バッグ旋風が巻き起こった2019年。そして2020年、コロナ禍の新しいライフスタイルとともに、ファッションに合わせてママたちの持ち物もまた変化しつつあります。そこで!チームVERYの愛用バッグとその中身をリサーチ。今回は、オシャレ感度の高いファッションプレスのバッグの中身を拝見しました!

 

 

◉イウエン マトフ ディレクター 二ノ宮和佳子さん

Frenzlauer

ころんとした
マチありデザインは
見た目以上の収納力!

バッグは大きめトートか小さいかの2択。小バッグは最小限のサイズが好きで、スケジュールは手帳をやめてスマホ管理にしたり持ち物のコンパクト化を心がけています。このバッグは通勤にも愛用。ニットとパンツはイウエン マトフです。

 

 

▼バッグの中身

■Aēsopのハンドウォッシュ
ハンドウォッシュは大きいのを買って詰め替えています。ハンカチはアローズで。

■KINOKUNIYA×UNITED ARROWSのエコバッグ
アローズの青山店オープン時のノベルティ。白に白ロゴがさりげなくてお気に入り。

■HERMÈSの財布と名刺入れ
お財布と名刺入れはエルメス、小物も入れるコインケースはエンダースキーマ。

■Appleのスマホケース
アップルの純正のレザーケース。バッグの中身もすっきり見えたいので黒で統一。

■Celvoke/La Bouche Rouge/OSAJIのコスメ
マスクを取った時に物足りないので、マスクの下にもリップしています!

■AirPods Proのイヤホン
通勤中に音楽を聴いたりYouTubeを見たりAirPodsはマストです。

 

◉八木通商PR 吉田祐子さん

ZANCHETTI

縦長ポケット型デザインが
私的小バッグの
ベストです

週の何日かはリモートワークになり、ご近所生活&自転車移動が増え、斜め掛け小バッグがますます便利に。ジルサンダーの縦型がとても使えたので更新版としてザンケッティを購入。ゴールドの金具で上品見えするところが気に入っています。

 

 

▼バッグの中身

■Aēsopのハンドウォッシュ
コロナ禍で持つようになったイソップのリンスフリー ハンドウォッシュ。

■Traditional Weatherwearのエコバッグ
有料化でマストになったエコバッグはお気に入りブランドのものをセレクト。

■LOEWEの財布
買物はほぼキャッシュレス決済なので、最低限のお札と小銭が入るカードケースで十分。

■Appleのスマホケース
純正のシリコンケースです。スケジュールはプライベートも仕事もアプリ管理。

■NARS/CHANELのコスメ
マスク生活で圧倒的に少なくなったメークグッズはクッションファンデとリップのみ。

■BOTTEGA VENETAのキーホルダー
カラビナに鍵を付けていたのに思うことがあったのか(笑)夫がプレゼントしてくれました。

 

◉ショールームセッション勤務 関 菜々子さん

JIL SANDER

黒並みに合わせやすくて
ニュアンスも足せる
モスグリーン

4歳と5歳、年子の娘たちと過ごす休日は両手があいてオシャレに見える小バッグばかり。いくつかある中でもお財布とスマホ+αが入るこのサイズが重宝。数年前のものですがこの秋もスタメンです。シャツはセリーヌ、パンツはSAYAKA DAVIS。

 

 

▼バッグの中身

■JAMES MARTINの除菌スプレー
ジェームズ マーティンの除菌アルコールスプレーと乾燥対策にナリンのハーブオイル。

■BAGGUのエコバッグ
ハワイの「at Dawn.」で購入したバッグ。ハワイに行けないので気分だけでも……。

■CELINEの財布
セリーヌの2つ折りとバッグによって使い分け。小バッグの時はこのカードケースに。

■NO BRANDのスマホケース
デザイン物も使っていましたが、小バッグになり、かさばらないシンプルなものに落ち着きました。

■NARSのリップ
小バッグの時はポーチをやめてリップのみ。淡く色づくアフターグロー リップバーム。

■JBLのイヤホン
イヤホンはひとり時間を楽しむマストアイテム。アンダーアーマーとのコラボ商品。

 

▶︎あわせて読みたい!

翁 安芸さん愛用バッグはコーチ!「娘のイニシャルと同じCに惹かれました」

矢野未希子さん私物FENDIバッグの中身「リフレッシュできる香りものが欠かせません」

 

 

撮影/西原秀岳〈TENT〉(静物)、葛川栄蔵(人物) 取材・文/栗生果奈 編集/磯野文子

*VERY2020年11月号「小バッグ時代のバッグの中身、見せてください! SPECIAL」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE