あの人色っぽい、と思うのは〝黒に強い女〟でした

2017.08.07

ひとりの時間のオシャレに自信が持てるのと同じくらい、子連れでもちゃんとオシャレができることも大事なこと。女っぽさも忘れずに毎日を過ごしているママたちのヒントは、〝黒〟を味方につけることにありました。

〝黒〟をベースに。乳幼児ママでもできる女っぽさキープのための4つの提案

2017/08/VERY_201709_074-000.jpg
タンクトップ¥12,000(ロク/ロクビューティ&ユース 渋谷キャットストリート)パンツ¥55,000(フォルテ フォルテ/コロネット)ヘアアクセサリー¥26,000(ガブリエラ アル ティガス/アパルトモン 青山店)ピアス¥3,900(ツル バイ マリコ オイカワ)バッグ¥38,000(メゾン・ボワネ/デ・プレ 丸の内店)スニーカー¥18,000(リーボック クラシッ ク/リーボック アディダスグループお客様窓口)

カッコイイ、女っぽいと感じる女性はよく「黒」を着ていたりする。強がらずに、胸を張れるオシャレのテクニック、考えました。

たとえば、タンクトップにパンツの潔いスタイル。
ママの夏の当たり前も色を黒に変えるだけで、グッと女っぽくなる。オフショルも捨てがたいけど、抱っこしても乱れぬ女っぽさで、タンクトップに一票。

女っぽさキープのための4つの提案、続きはぜひ「VERY」9月号でチェックしてください。

 

 

撮影/白川青史 スタイリング/安西こずえ〈Coz inc.〉 ヘア・メーク/佐藤エイコ〈ilumini〉 モデル/牧野紗弥 取材・文/櫻井裕美 撮影協力/PROPS NOW TOKYO

※VERY 9月号「子育て中を言い訳にしないオシャレ、できてる?」より

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE