VERY November 2020
VERY NAVY

VERY

November 2020

2020年10月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

“ショートブーツ×パンツ”の最新コーデ見本帳【2020秋冬版】

毎日着替えるボトムスのシルエットによって、足元のバランスは様々。出かける直前ふと「いいんだけど、なんか違う?」って思うことありますよね。そこでVERY2020年10月号では、人気スタイリスト・金子綾さんと「ショートブーツ×パンツ」のベストバランスを考えました。簡単なようでいて、意外とバランス感が難しいショートブーツ×パンツの相性を知って、旬の足元を叶えよう!

 

 

STYLE①

レースアップブーツ×ワイドストレートパンツ

パンツ自体にボリューム感のあるチノ素材をはじめとするワイドストレートには、ヒールを選ばずコンバース感覚でワークブーツ系をラフに合わせると好バランスに仕上がります。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼Theory

ボーイズライクなボトムスには
華奢を演出するトップスで女っぽく
コンバース感覚で足元を選ぶと考えれば答えを見つけやすいはず。足元にボリュームを加えることで全身が好バランスに。ほんのり肌見せするトップスが女っぽさを引き立たせます。レースアップブーツ[H 3cm]¥54,000(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)カーディガン¥21,000パンツ¥26,000(ともにドレステリア/ドレステリア 新宿店)バッグ¥22,000(カレンソロジー/カレンソロジー青山)ピアス¥90,000(MARIHA/ショールーム セッション)

 

 

STYLE②

アンクルブーツ×裾フレアパンツ

この秋よく見かける裾フレアパンツには、足首に女性らしい抜け感を作ってくれるアンクルブーツが旬でいて女っぽさも◎。パンプス感覚で合わせられて秋冬らしいバランス感も叶います。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼FABIO RUSCONI

動きに合わせてチラッと見える
足首の肌見せが女っぽさの鍵
この秋気になるアンクルブーツで足首の抜け感を演出。アンクルブーツ[H 7cm]¥36,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 有楽町店)ブラウス¥17,000(チャーリージョー/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)パンツ¥230,000(MADISONBLUE)バッグ¥11,000(カシオペア/スピック&スパン ルミネ有楽町店)ピアス¥29,000(MARIHA/ショールーム セッション)バングル¥14,000(ローレン マヌーギアン/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)

 

 

STYLE③

ニュアンスカラーブーツ×デニム

ブーツといえばブラックが主軸だけれど、2足目を狙うなら定番ブルーデニムに馴染むブルーグレーを。ニュアンスのあるカラートーンが女らしさをクラスUPしてくれます。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼ARRUM

ブルーデニムに馴染む
ニュアンスカラーで脚長効果!
ブルーデニム中心のワードローブの人には特におすすめなカラートーン。コクーンシルエットのデニムには、ヒールを足してスッキリ見せが効果的です。ブーツ[H4.5㎝]¥26,000(アールム/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)ニット¥26,000(エイトン/エイトン青山)パンツ¥20,800(SERGE de bleu/ショールーム セッション)バッグ¥43,500(マリアラ ローザ/エディット フォー ルル)

 

 

STYLE④

サイドゴアブーツ×ワイドパンツ

ワイドパンツをはく日は、脚長効果を狙ってヒールを合わせがち。だけど、秋冬ならワークブーツのボリューム感の力を借りて、メンズライクに仕上げるほうが、今年らしい女っぽさを確保できます。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼J.M.WESTON

あえてメンズライクなワークブーツを
合わせて、オシャレを格上げ
無骨な厚ソールがヒールの代わりに、さりげなく足元を底上げ。ボリュームボトムスにはボリュームある足元のチョイスが好バランスに。サイドゴアブ ーツ[H 3cm]¥145,000(J.M. WESTON/ジェイエムウエストン 青山店)シャツ¥27,000パンツ¥36,000(ともにロエフ/ロエフ 六本木店)バッグ¥9,000(Le Vernis/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

 

STYLE⑤

ストレッチブーツ×センタープレスパンツ

コンサバ派に支持の厚いセンタープレスパンツはパンプス代わりに足元にミニマルな女っぽさを加えるストレッチブーツを。それだけでコーデが今年顔に変わります。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼SIDANHA

センタープレスパンツを
ストレッチブーツで更新!
女っぽさを強調するポインテッドトゥより、さりげなくエッジーなスクエアorアーモンドトゥがおすすめ。ストレッチブーツ[H 8cm]¥72,000(SIDANHA/アマン)カーディガン¥25,000ニットベスト¥18,000(ともにロエフ/ロエフ 六本木店)パンツ¥22,000(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)バッグ¥53,000(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)サングラス¥49,000(アイヴァン7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

 

 

STYLE⑥

エナメルブーツ×タックパンツ

きれいめパンツには、パンプスの代わりにエナメルブーツを。それだけで、いつものシンプルコーデに半歩先行くキャッチーさが加わります。思うより取り入れやすいのでぜひトライを。

矢野未希子さんが着こなす2020年ショートブーツコーデ、パンツコーデ

 

▼FABIO RUSCONI

エナメルの今年らしさで
女っぽさをアップデート
コンサバパンツ×ヒールも間違いではないけれど、ブーツの季節ならではの足元を考えるなら、エナメル素材を。きれいさは確保しながら、上品キャッチーなバランス感が楽しめます。エナメルブーツ[H6cm]¥38,000(ファビオ ルスコーニ/ドレステリア新宿店)シャツ¥24,000(ロペ エターナル/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店)パンツ¥23,000(アストラット/アストラット 新宿店)バッグ¥32,000(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)リング¥86,000ピアス¥28,000(ともにヒロタカ/Hirotaka 表参道ヒルズ)

 

 

このほか、最新号ではショートブーツ×スカートの旬バランスや、スニーカーとトレンドコーデの合わせ方など、足元オシャレを大研究!ぜひチェックしてくださいね。

\VERY2020年10月号、好評発売中!/

 

撮影/酒井貴生〈aosora〉(人物)、五十嵐 洋(静物) スタイリング/金子 綾 ヘア/Dai Michishita メーク/佐々木貞江 モデル/矢野未希子 取材・文/鍋嶋まどか 編集/鈴木恵子
*VERY2020年10月号「毎朝玄関でもう悩まない!金子綾さんとベストバランス考えました “ショートブーツ×パンツで女っぽい”の方程式」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ