VERY November 2020
VERY NAVY

VERY

November 2020

2020年10月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

料理上手に見える!シンプルでオシャレな“エプロン”10選

ステイホーム生活で、今まで以上に長い時間キッチンに立ち続けるママたち。今こそ気分がアガるエプロンに投資どき! でも、いつもの洋服みたいな“カジュアルでハンサム”なものってなかなか見つかりません。“普段からエプロン愛用”なあの人に、料理上手に見えてオシャレな一枚を聞きました。

 

手作業にこだわった
「UTO(ユート)」の

白スニーカーのようなエプロン

 

「エプロンはパキッと白がお気に入り。丈夫でガシガシ洗っても、それがまた味になるような素材感も魅力です。裏のロゴが可愛くて、あえて表裏逆に着ちゃってます」東原亜希さん(エプロンは私物)

 

「ザ・コンランショップ」の
頼れる爽やかストライプ

 

「ロンドン中のシェフが愛用するというブッチャーストライプに一目ぼれして2色買いしました。お気に入りのエプロンがあると、毎日の料理も、たまの料理教室も気分がアガります」(高橋志津奈さん/VERYライター)

 

ネイビーベースにホワイトストライプは重くなりすぎずに爽やかな印象に。汚れが目立ちにくいのもうれしい。ギフトにも◎。¥5,000(ザ・コンランショップ)

 

料理家 栗原心平さんが
手がける「Simply

「使い込むほど柔らかく、しっくりいい感じに仕上がっていく気がします!」ぐっち夫婦(左・Tatsuyaさん)「シンプルなTシャツやボーダー、シャツにも合わせやすい♡」(右・SHINOさん)私物
軽くて丈夫な厳選されたコットンを使用。大容量のフロントポケットにはキッチンクロスを装着! 手が拭ける便利さに加えて、クロスのカラーを替えてオシャレも楽しめる。コットンエプロン¥6,400キッチンクロス¥1,500 (ともにSimply/ゆとりの空間)
キッズエプロン¥5,500 キッズキッチンクロス¥1,500(共にSimply/ゆとりの空間)

 

買ったときから柔らかく
着慣れた風合い「VOIRY

「ロゴに隠されたストーリーを聞きながら選ぶのも楽しい!」(八谷恵美さん/37歳・美容師)“ガンガン汚して、ガンガン洗って”という通り、金属が一切使用されておらず、洗いざらしもカッコイイ。¥3,800VOIRYVOIRY STORE

 

遊び心とこだわりが詰まった
国内老舗工場産「DRESSSEN

「女性らしいアイテムだからこそ、あえてメンズっぽいものを選んでいます。緩めに脱水して干すだけでパリッとします」(関城玲子さん/VERYライター)今年はリバーシブルが登場! 両面のポケットと、ロゴを楽しんで。¥9,000DRESSSEN

 

TODAYS SPECIAL」の
オリジナル
リトアニアリネンは

柔らかい風合いが魅力

「柔らかく体になじむ生地は、キッチンのフックにかけた感じも素敵で気に入っています」(斎藤千佳さん/35歳・新米妻)カラバリも豊富で、好みの一枚が見つかる! 各¥6,000TODAYS SPECIALTODAYS SPECIAL Jiyugaoka

 

毎日使ってたくさん洗うから
コスパ◎な「ニトリ」ですぐ新調

「エプロンは清潔さが大事! たくさん洗って汚れてきたら潔く買い替えています。生地もしっかりしていてコスパもいい!シンプルで主張しすぎないものを選ぶようにしています」(平山真弓さん)

首もとで長さを調節。4つのポケットが機能的で、幼稚園のバザーなどでも活躍間違いなし。胸部分を内側に折りたたんでギャルソン風にも。¥909(ニトリ)

 

天然リネンに長めの丈が好相性
teto.×CLASKA
Gallery & Shop DO

「パリッとしたリネンで清潔感ときちんと感を演出。脛あたりまであるロング丈で服も選ばず、園行事や実家の手伝いにも重宝」(工藤可奈さん/32歳・育休中)新色ベージュが登場。日本のおばあちゃんたちによるハンドメイド。¥5,500teto.×CLASKA Gallery & ShopDO”/CLASKA Gallery & ShopDO”)

 

300種以上が揃う「Lino e Lina
料理家さんの愛用率高し!

「手に吸い付くような柔らかい生地でしわになりにくいです。飽きのこないデザインで絶妙なカラーが豊富」(栁川かおりさん/43歳・医師&料理家)イニシャル刺繍でオリジナルを作ることもできます。(別途有料)マノン フラックス¥5,800(リーノ・エ・リーナ)

 

計算し尽くされ究極にシンプルな
fog linen work」の
リネンエプロン

「こんなエプロンをずっと探していました! 丈も幅もたっぷりの生地が洋服を覆って安心感があります。シンプルだけど、着るとなぜかハンサムに仕上がるから不思議!」(保谷絢子さん/37歳・週3リモートリーマム)リネン糸で織りあげたデニム地で、丈夫さと乾きやすさを兼ね備えた秀逸な一枚。¥7,900fog linen work

 

撮影/五十嵐 洋(静物)、西崎博哉〈MOUSTACHE〉(東原さん、高橋さん)、小林愛香(ぐっち夫婦)、杉本大希〈zecca〉(平山さん)ヘア・メーク/菊池かずみ(東原さん) 取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明
*VERY2020年6月7月合併号「お料理教室にもバザーにも、義理母宅にもホムパにも!『ハンサムエプロン』は主婦感よりもシェフ感!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ