北海道・追分グランピングツアーレポート

2019.09.12

“日本中を旅するホテル”、CAMP on PARADE。

毎月宿泊地を変える移動式ホテルに、VERYライターファミリーが滞在してきました。

 

塚本桃子さんの<前編>に引き続き、有馬美穂さんが8月の北海道を満喫。

息子くん(6歳)の「キャンプしてみたい!」を、

素敵なグランピングで叶えることができたそう。

 

 

とはいえ……。

「夫がインドア派(潔癖)で、大人になってからのキャンプ経験は0」

「VERYでホテル特集を志願したホテル好きで、実はちょっとドキドキしている」

という彼女。しかも今回はご主人の参加が叶わず、

母一人子一人での参加となりましたが、結果からお伝えすると、

自然の中で過ごすキャンプの魅力に思い切り開眼し、

また母子の絆を深められた忘れられない旅になったそうです。

 

 

さて、そんな2泊3日の旅を、いざご紹介。

新千歳空港まで、「チューターさん」と呼ぶスタッフさんがお出迎えしてくれまます。

 

実はこのツアー、最初から最後まで「送り迎えつき」なんです。

レンタカーを借りたり返したりする手間も時間もいらず、

何より「お酒を心置きなく飲める!」by有馬さん(笑)。

 

 

空港から走ること約30分、

あっという間に、停泊地・追分に到着しました。

 

息子くんは着いた瞬間からかなりハイテンション!

転がっていたボールと一緒に駆け出します。

だってこの広さ、都内ではそうそうありませんよね。

その後近くで薪割りをしていたスタッフさんが
かなり長いこと遊んでくれたそう。

さて、落ち着いたら、ウェルカムドリンクを。

2019/09/456505723301b8cedd1e5aaf7f050f5f.jpg

調度品やドリンク、ひとつひとつのセレクトがセンスフルなんです。

トイレなど設備もホテルライクで、
普段は「外で大きいほうができない…(※きれいなところは除く)」という、
ちょっと潔癖気味な息子くんも、ひと安心(笑)。
(こういうお子さん、男の子でも意外なと多いのではないでしょうか)

2019/09/1cfa7b2136e348d87bab68f254a1f01c.jpg

ベッドも広々、ふかふか!
真っ白でパリッとした清潔なリネン。

“車”の中で眠れるかな!?と来るまでドキドキしていた有馬さんも、
さすがキャンピングカー界のロールス・ロイスといわれる「エアストリーム」、
十分なゆったり感で、ベッドでごろごろする至福の時間も堪能できたようです。

きれいなシャワーもありますが、
2泊とも近くの温泉までスタッフさんが連れ出してくれたため、今回は使用せず。

初日から息子くんが夢中になったのは、「薪割り」でした。
スタッフさんが割りやすいものを選んでくれたり、
お手伝いしてもらいながら何個も何個も割らせてもらったそう。

これが、息子くんはハイライト級に楽しかったらしく(笑)、
3日間何回も挑戦したそうです。

2019/09/d9d3327f0d6b4789578781260e874827.jpg

お待ちかねの夕食は、長沼の農園で採れたばかりの野菜を使った
チーズフォンデュと、チーズのピザ。
チーズも道産にこだわっています。
普段はかなり少食&偏食な息子くんも
生のキュウリを食べたのには、ママびっくり…。
子どものこんな思いがけないポテンシャルに遭遇にできるのも
キャンプの醍醐味なのですね。

2019/09/fbd0909bdc603dc71ceaaf4f4be6a7dc.jpg

ちょうどお隣のファミリーが採ってきたばかりの野菜は、
最高のみずみずしさ。

2019/09/9b9b7e95c6d37ddb6db9018830f55c0d.jpg

夜は、その薪を使ってキャンプファイヤーも。
火にくべるのも、初めての経験です。

2019/09/880beff92bcec2fcd3c44cd06b6d03671.jpg

憧れの焼きマシュマロをしたり、望遠鏡で月のクレーターを観察したり、花火をしたり、
有馬さん親子にとっても、非日常の時間だったとお話してくれました。

エアストリームは3台あり、2、3家族ご一緒することが多いようですが、
子連れファミリーが多く、みなさん自然と仲良しになってしまうそうです。

2019/09/2d5f27ce2f0f2f8e471694673c5755cf.jpg

2日目の朝から早速薪割りや外遊びをひとしきりして、
お待ちかねの朝食は自分で焼くホットサンド。
デザートには、メロン! 北海道の醍醐味ですね♡

2日からは雨続きだったようなのですが…、
子どもたちには、あまり関係がないよう(笑)

2019/09/66b6491143c9e5636596dead2114de08.jpg

広いリビングテントの下で、
ひたすらシャボン玉をしたり、
雨の中でも走り回ったり。
みんな草だらけ泥だらけになっていたそうで、
多めの着替えを持参されることをオススメします(笑)。

2019/09/a5401f0cb2567f32278a53d28087a50e.jpg

停泊地から、30分〜1時間程度の場所まで、この車で
アクティビティにも毎日連れていってくれます
(基本料金に含まれる。一部有料もあり)。

天候を見ながら日替わりで、
「農家巡り&野菜収穫体験」や、「牧場での乳搾り」など
北海道らしい体験を用意してくれてるから、
3泊しても、毎日違う体験ができるそう。

基本的には1日1アクティビティで、
他は停泊地でゆったりスタイル。

子連れだとこれくらいののんびり感が
ちょうどいいですよね。

2019/09/b7a83b3be2f3bc388bd7e03a38cd67a1.jpg

こちらは岩見沢の葡萄畑。
畑の中でピクニックができます。
(あいにく雨だったようですが、素敵なロッジ内でランチ&おいしいワインをたっぷりいただき、大人たちは大満足!)

2019/09/ab8c953c8926ffb896cf89707a193465.jpg

こちら、大泉洋さん主演『ぶどうのなみだ』ロケ地でもあります。
ぶどうシロップをかけたソフトクリームも。

またこちらは、次の日の牧場。
馬や羊の餌やりに大ウケの息子くん。

キャラメル作り体験も!
お土産にひとつひとつがんばって自分でくるんで……。
じいじ、ばあばたちにおすそ分けして喜んでもらったとのこと。

滞在中、息子くんのベスト3に入る「うれしかった」体験が、
「ジャガイモをストーブで焼いて食べたこと」。

隣に写ってるのはパパではなく、スタッフさん。
グランピングのいいところ、さらにはCAMP on PARADEのいいところは、
パパなし滞在でも心細くなく、楽しめることかと思います。
もちろんパパがいたら楽しいけど、
「来なくてもまったく無問題だった」というお墨付き(笑)!

スタッフはみなさんものすごーくキッズフレンドリーで、
こうしてアウトドアの手ほどきもしてくれます。

そして頼もしい送迎つき!

だからか、有馬さんのように母子連れや、ママ友ファミリー同士の参加も多いのだそう。
納得納得

東京では感じられない真っ暗闇とたくさんの星、
雨音を聴きながらのコーヒータイム。

五感を休ませ、たっぷり満たした3日間となり、晴れやかな顔で帰ってきました。

「普段忙しくて『ながら聞き』しかできていないような息子の話を
ちゃんと聞いて、たっぷり一緒にいる時間をとれたこと。
こうした時間があると、また親子ともに頑張れるんだなあと、実感。
息子の記憶に残ってくれたらいいな!」とは有馬さんの談。

きっと残ると思います!

これからもエアストリームは日本各所をめぐり、
その土地土地の魅力を再発見していきます。

秋以降は山梨県の勝沼や、栃木県の那須を巡るツアーが予定されているので、
ぜひ一度こちらhttp://www.camponparade.com/grandtourをチェックしてみてください

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE