VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

神山まりあエッセイ②「チョコレートを 初めて食べたのはいつ?」

VERYモデル神山まりあさんによるエッセイ「笑うママには福来る。」。2019年2月号からスタートした連載がウェブでも読めるようになりました!

新米ママ同士でほんのり気になるお菓子事情。

いつからお菓子をあげる?
やっぱりフルーツをあげた方がいいのかな?
虫歯になりやすい?
オーガニックじゃないとダメ?
砂糖よりもキビを使ったものじゃないと子供が短気になりやすいって本当?

子供の栄養管理をするのは大人の役目。
だからこそ、参考書のない初めての育児は周りのアドバイスや子供との会話、
そして妄想とネットの情報(噓か本当か分からないものばかり)で手探り状態。

私もその中の一人でした。

何を口にするかで子供の性格や体調が決まる気がして、
お菓子をあげることに少し敏感になっていた気がします。
もちろんずっと食べさせないわけじゃない、
ただ正しいタイミングを探していたんです。
何となくのイメージで「チョコレートとアイスは3歳になったら食べさせよう」
と密かに子供のお菓子段階を決めていました。
何の確証もない、ただのイメージなんだけどね。
3歳ってちょっと赤ちゃんから子供になる境目な気がして。

きっと美味しくて飛び跳ねちゃうんだろうな。

チョコレートの美味しさって中毒的だから
気をつけてあげないとご飯食べなくなっちゃうなー。
でも、喜ぶ顔見たいな。

そんなチョコレート記念日を楽しみにしていたある日。

お仕事の都合でジージとバーバに子守をお願いしました。
もう何が起きたかは想像できるよね。
迎えに行った時に何やらスーパーハイテンションな息子。

これは……。

バーバに聞いたところ、どうやらコアラのマーチをコンビニで買ってもらい、
一箱抱えるように食べたと嬉しそうに教えてくれたんです。

くううううううううううう
何も言えないいいいいいいいいいい
お菓子あげないでって言ったじゃあああああん

と、心の中で叫びながらも、
「……面倒見てくれてありがとう……ね」
必死で感情を抑える私。

ニコニコの息子とバーバを見て
「チョコレートは3歳になったらあげるって決めてたのに!!!!(怒)」
とは言えない。
これは働く母の宿命なのか。

そう、バーバに預ける時は覚悟と感謝を忘れてはいけないんです。

チョコレートを食べる記念すべき日はあっさりと見過ごしましたが、
それ以来バーバの家に行くのがもっと大好きになったようで。

私も吹っ切れました。

働かせてもらっている分、目をつぶらなきゃいけない部分は沢山ある。

もうそこからお菓子大好き。
なんだか複雑な気分ですが、健康に育っているので良しとしよう!

しかし問題はここから。

パパに報告したんです。
「ねー、バーバがディーン(息子)に
チョコレート食べさせちゃったみたいだよーしかも一箱」

すると、パパ、

「そっか! いちごチョコの方が好きなのにね!」

……は?

どうやらこの男は息子の喜ぶ顔見たさに
チョコレートをしょっちゅう買い与えていたようで。

お菓子を食べさせまいと頑張っていたのは私だけだったのか。
そもそも何で食べさせないようにしてたんだっけか。
それさえも分からなくなってきた。

理想の子育てって、何だろう。

……んなもんないな。

そう思ったと同時に何だか肩の力が抜けた、そんな思い出。


【PROFILE】
かみやま・まりあ 1987年2月17日生まれ。2011年ミス・ユニバース ジャパングランプリ。2015年結婚、2016年男児出産。インスタグラム@mariakamiyamaも大人気。2018年9月に初めての書籍『神山まりあのガハハ育児語録』(光文社)を刊行。

撮影/イマキイレカオリ ヘア・メーク/TOMIE〈nude.〉 イラスト/natsu yamaguchi 編集/湯本紘子

※VERY2019年3月号「神山まりあの笑うママには福来る。」より。
※掲載の内容は発売当時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ