VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

人気スタイリスト金子綾さんが吐露した「ママだってしんどい」発言に共感コメントが続々!

きっかけはInstagramでの一件のストーリーズ。金子さんが吐露した〝子育てのしんどさ〟に対し、100件以上の共感コメントが寄せられ、金子さん自身、それまで口にできなかったそんな本音を肯定できたと共に、〝完璧な理想を捨てて、もっと皆が力を抜いて子育てできたら良いのに〟と感じたそう。そんな〝手放し上手〟になるヒントを金子さんと考えてみました。

大変じゃない育児なんてない!
ママだって〝しんどい〟って口にして
いいし、雑誌やSNSのキラキラした
部分が決して子育ての全てじゃないから

ブラウス/Cecilie Bahnsen デニムパンツ/FUMIKA UCHIDA ピアス/COUDRE 時計/ROLEX(すべて本人私物)

インスタでときどき行う質問コーナーに「子どもを産んで良かったことは何ですか?」という質問が来たことがあります。9歳と1歳半の娘たちのことはもちろん何より可愛い。でも子育てが現在進行形真っ只中の今、正直ママになって良かったことよりもしんどい気持ちが上回っているのが本音で(笑)、質問にどう答えていいか分からない自分がいました。ママが〝しんどい〟って口にすること自体、憚られる世の中の風潮もありますよね。

でもあるとき思い切ってその本音をストーリーズに上げてみたら、「綾さんにもそんなときがあるなんて励まされます」「私も吐き出したいです」と共感のコメントが100件以上も届いて。SNSってキラキラした一部分しか切り取らないからネガティブな面が見えにくいけど、大変じゃない育児なんて存在しないし、そんな誰もが当たり前に抱えているしんどさを、何かの形でみんなが吐き出せる場所や環境があればいいのに…と心から思いました。

コンサバな専業主婦の母に育てられた私は、自分がしてもらったことを娘たちにもしてあげなきゃ、という強迫観念みたいなものもあったと思います。根が真面目な性格も相まって、仕事をしながらも上手く手を抜くことができず、娘たちのスイカのタネを取っているときだけは心が落ち着いたり(笑)。でも時代が変わって仕事を頑張るママもこんなに増えたし、みんなが凝り固まった〝良い母像〟を捨てて、令和のお母さん像を更新していけたら良いなと思う。私はこんなに多くのママたちが自分と同じ思いを抱えてることを知り、それなら〝しんどい〟ってぶっちゃけていいじゃん!って吹っ切れることができた。パパに頼れるところは頼って、ときにはシッターさんを使って自分の時間を作る。

この間、次女が生まれてから久しぶりに娘たちをパパに任せて友人と飲みに行きました。長女からは「ママ何時に帰ってくるの?」と聞かれたけど、「ママにだって楽しいことがないとやってられないよ〜!」って説明して、この日ばかりはあえて帰宅の時間も約束せず。長女も「そっかあ」と納得してくれました(笑)。子育てはどんなに段取りを組んでもそれ通りにいかないことの連続。時間に追われると心の余裕が失われるから、それならオシャレだって上手く手を抜く日があっていい。仕事柄、全身考え抜いたコーディネートを組む日ももちろんあるけど、ときには完璧を手放して頑張らずオシャレになれる知恵を持っていたら、もっとママたちも楽になれるんじゃないかなと思っています!

YouTubeライブやインスタで「子育てが辛い」というコメントや子育てに関する質問を受けるたび「本当は自分もしんどい」という思いを何となく口に出してこなかった金子さん。あるときストーリーズでそんな本音を吐露したところ「綾さんにもそんなことがあるなんて」と驚きと共感の声が殺到。「雑誌やSNSで表現されるのってママのごく一部のキラキラした部分。子育てがしんどい瞬間は誰でもあるし、それを皆が吐き出せればいいのにと思った」。そんな思いをVERYにぶつけてくれたのがこの企画の発端でした。

AYA KANEKO

VERY本誌の他数々の女性誌のスタイリングやアパレルブランドとのコラボなど幅広い分野で活躍するスタイリスト。9歳と1歳半の年の差姉妹ママ。私服スタイルが人気のインスタグラム@ayaaa0707や、プライベートが垣間見られるYouTubeなど、SNSを通じた発信力も注目されている。

完璧なママなんていない
エピソード

夏休みの学童弁当はコンビニで好きなサンドイッチを選ばせ、それを半分に切ってラップで包み何となく手作り風に仕立てます(笑)。
(H・Mさん 7歳男の子のママ)

撮影/金谷章平 ヘア・メーク/福川雅顕 取材・文/鍋嶋まどか 編集/引田沙羅
*VERY2023年8月号「キラキラインスタに真っ向勝負! 私たちにこれ以上、期待しないで♡ 言っとくけど、完璧なママなんていないからね! Part3 金子 綾さんと考える〝手放し上手〟なオシャレ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)