VERY July 2021

VERY

July 2021

2021年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【超簡単】紙皿と輪ゴムで作るギターが楽しすぎる!

ママやパパが子どもと一緒に楽しめる“おうち遊び”を毎週金曜日にご紹介している「VERYこども遊び研究所」
今回は、おもちゃブランド 「gg*」のデザイナー、STUDIO pippiのしげおかのぶこさんが、紙のお皿でカッコいい楽器を手作り。好きな曲をバックに盛り上がって!

 

 

 

 

「紙皿のギター」

子どもが小さな頃から興味を示すおもちゃの一つに、音の鳴るおもちゃがあります。
マラカスやタイコなども人気でお家でも手軽に作れますが、今回は紙皿と輪ゴムを使った簡単ギターをご紹介したいと思います。
指を動かすとポロンポロンと、意外としっかり音が鳴りますよ。

 

《用意するもの》

・紙皿 ×2枚(厚手のものがおすすめ)
・輪ゴム×3本
・ラップの芯
・ガムテープ
・マスキングテープ(飾り用)
・はさみ

 

1. 音の鳴る部分を作る

紙皿は厚手のものを使うと反りが少なくおすすめです。
参考サイズ : 今回は直径18.5cmの紙皿を使用。

紙皿の上下3箇所にハサミで切り込みを入れる。
輪ゴム3本を切り込みの部分につける。
もう一枚の紙皿を下に重ねて、上下をガムテープで貼る。紙皿を2枚にすることで反りを防いで、強度を上げる。

もうこの状態で音の鳴るパーツのできあがりですが、ギターの形にするために上の部分も作っていきます。

 

2.上部分のパーツを作る

紙皿部分の後ろにラップの芯をガムテープで貼り合わせます。
ラップの芯の穴に細めに切ったガムテープを入れ、さらに押さえ貼りすると剥がれにくくなります。

 

ラップの芯はお好みでマスキングテープでアレンジしてみてくださいね。

 

 

さらに上の飾りは、こんな形に切って、放射状にマスキングテープを貼ってみました。

 

 

このパーツもラップの芯の裏側からガムテープで貼ります。

 

 

これで、できあがり。

 

 

ラップの芯の中に紐を通すと、肩から下げて弾くことができますよ。

 

今回はできるだけ簡単にガムテープで貼る方法をお伝えしましたが、もっとしっかりとラップの芯やパーツをつけたい場合は、ラップの芯と紙皿に穴を開けて100円ショップにある割りピンや針金、モールなどで固定するとさらに強くなると思います。

ギターを演奏している子どもの姿もきっと可愛いはず!
ぜひ、作るところから親子で楽しんでみてください。

 

 

作ったらぜひ#studiopippi_play #VERYこども遊び研究所 のハッシュタグをつけてInstagramにアップしてください。

 

写真・文/しげおかのぶこ

◉STUDIO pippi しげおかのぶこさん

おもちゃ・教材などのデザインをはじめ、こども向けワークショップ『こどもじっけんしつ』を通して、楽しいモノづくりやあそびを提案。雑誌や広告などのメディアでも活躍中。おもちゃブランド gg*のデザイナー。5歳の男の子ママ。Instagram:@studiopippi

\他の遊びもチェック!/

この記事もおすすめ

FEATURE