VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

MALIA.さん4度の離婚と4人の育児「結婚を4回したかったわけじゃない」

90年代から00年初頭にかけ、『egg』や『Fine』『ViVi』などでモデルとして活躍したMALIA.(マリア)さん。『VERY』と同世代の1983年生まれということもあり、リアルタイムで誌面の彼女を見ていた人も多いかもしれません。そんなMALIA.さんは2002年にプロサッカー選手と結婚し19歳で長男を出産。離婚を経て格闘家と再婚し、次男と長女を授かるも、26歳で2度目の離婚を経験。3人の子どもを抱えるシングルマザーとなったMALIA.さんは、一家の大黒柱としてブラジリアンワックスの店を開業。さらにアパレルブランドを起ち上げるなど、実業家として成功。そして、4度の離婚を経て4人の子どもに囲まれて過ごす’21年  。周囲の声に惑わされることなく、いつも自分の心にまっすぐなMALIA.さんに、その秘訣を聞きました。
ここではその前編をお届けします。

※掲載中の内容はVERY2021年5月号掲載時のものです。

 

▶︎後編インタビューを読む「4児の母・MALIA.流子育ては“褒め倒す”『今の私はマジで最高の女だと自負してる』」(5/22配信)

インタビュー時のMALIA.(マリア)さん

 

結婚を4回したかった
わけじゃない

よく聞かれるんだけど、私にとっての恋愛のゴールに結婚があっただけで、結婚を4回したかったわけじゃないの。毎回毎回、律儀にゴールテープを切っちゃうから結果として4回になっちゃった、というだけ。でもいざゴールしてみるとそこは「終点」じゃなく「はじまり」だったんだよね。やっと最近、気付けたこと(笑)。だから次は「ここがスタート」と思える結婚がしたいな。

 

何度もしているとはいえ、離婚を良しとしているわけでは決して、ない。うちの会社のスタッフもママさんが多いんだけど、夫婦関係の相談を受けた時、社内で一番離婚を止めるのは私だし。それは経済的な意味とか子どもたちの心の問題とかもあるけど、何より自分の心身に相当なダメージを負うから。身をもって何度も離婚を経験してきたからこそ、安易にするべきではないとも思ってる。

 

私は自分に正直に生きてきた結果、たまたま4回結婚・離婚という結果になったけど、自分を信じていたから周りの評価を気にせずに決断できたのかな。大きな決断をする時は「直感」を大切にしている。もともと誰かに相談することも少ないし、離婚を考えているような時ってそもそも心身が弱っていることが多いから、そんな時に誰かに相談したら余計に揺れてしまいそうで。それに、うまくいかなかったら人のせいにしてしまいそうなのも嫌。だから自分の直感を大切に、決めるようにしてるの。

 

離婚のエキスパートの
MALIA.

私のもとにはよく離婚相談のDMが届くの。〝離婚のエキスパートのMALIA.さん〟って感じでね(笑)。その中でときどき「離婚したいけど経済力がないからできません」という人がいる。ということは逆に、自分の稼ぎさえあれば、「別れたい」って気持ちに噓をつかずにすむってことなんだよね。ブレない芯を持ってスッと一人で立つためには、女性も経済力を持って自立するべきだと、私は思ってる。

 

そんな私も、小さい頃はディズニー・プリンセスのハッピー・エンディングものばかり観てたから、お姫様願望が強かった。だから私の恋愛のゴールが「結婚」だったんだと思う。それでも、相手の経済力を目当てに結婚したことは一度もなかった。

 

2度目の離婚の後、『ピーチ・ジョン』で展開させてもらっていたマタニティブランド(Anela for Maternity)を独立させて自分の会社を起ち上げたの。お金を出してもらって誰かの庇護のもとでやっていると、リスクは低い分、取り分も少ない。「独立して勝負しよう」と覚悟を決めた。シングルマザーになってから3人の子どもが独立するまで毎月いくら必要なのか電卓をはじいた結果、「とにかく働かなきゃ」ってスイッチが入った瞬間だった。シングルマザーになってからはすっかり開き直って、国のひとり親家庭の支援制度もフルに使って、大変な時期を乗り切ったの。

 

当然、はじめから〝社長〟をできていたわけではなく、スタッフや多くの人たちに助けられてここまで成長できた。そういう意味でも、女性の自立が容易ではないことも理解しているつもり。でも、だとしても、経済的な豊かさを超えて、自分自身の心の豊かさや成長のために、すべての女性に自立を意識してほしいと思っているんだ。

 

>>>インタビュー後編に続く

 

MALIA.(マリア)

1983年生まれ、横浜市出身。『Fine』『ViVi』などでモデルとして活躍した後、4度の離婚を経て3男1女をもうける(上から、18歳、高2、中3、2歳)。現在は実業家としてブラジリアンワックス店やアパレルブランド『ANELATOKYO』などを展開。2021年2月より、長男でプロサッカー選手の新保海鈴さんをサポートすべく、山口と東京の2拠点生活をはじめた。

.

撮撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/JunJun 取材・文/小泉なつみ 編集/フォレスト・ガンプJr.
*VERY2021年5月号「【モデル・MALIA.さんインタビュー】4回の結婚と離婚、そして4人の子どもたちが教えてくれた人生で大切なこと」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)