VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

道具不要!親子でスキンシップ「なりきりごっこ遊び」6選

ママやパパが子どもと一緒に楽しめるおうち遊びを毎週金曜日にご紹介している「VERYこども遊び研究所」
今回は、井出武尊さんによる触れ合い遊び。道具は一切必要なく、決めたお題(モノ)にひたすら“なりきる”だけ!親子遊びが苦手なママ、パパにもおすすめです。

 

 

「道具は何も使わない
ちょっと変わったごっこ遊び」

ごっこ遊びといえば、おままごとに代表される、多くの子どもたちが大好きな遊びの一つ。最近だと、男女問わず鬼と闘うごっこ遊びが人気の様子。

今日は少し“変わった”ごっこ遊びを楽しみましょう。道具は何も使いません。使うのは自分の体とインスピレーションのみ。親子でたくさんスキンシップをしながら遊んでください。

“変わった”ごっこ遊びというのは、普段あまりなりきることのない「もの」になりきって遊ぶと言う意味です。今回は「家の中にあるもの」になりきって遊ぶことにします。

ものに「なりきる人」と、それを「使う人」に別れて遊ぶと盛り上がります。今回はパパが「なりきる人」。娘は「使う人」。この遊びを通じてどんなことが得られるのか考えてみました。最後にまとめましたので、よろしければ最後まで読んでくださいね。

早速やってみます。

 

<トイレごっこ>
トイレになりきってみます。

こんな感じ。この遊びはちょっとふざけているくらいでちょうど良いと思います。だってヘンテコなものになりきるんですから。たくさん笑って遊びましょう。親子で役割を交代しても良いですね。

 

<冷蔵庫ごっこ>
ポイントは、なりきるものをよく観察すること。使う人の役だとしても観察は一緒に行います。親子でどうしたら「らしく」なるかを話しても楽しいです。ごっこ遊びですから、どんなお話になるかは想像力次第。
どんどんやってみます。

<お布団ごっこ>
この遊びはヘンテコな遊びではありますが、本当にたくさんスキンシップをすることができます。

<洗面台ごっこ>
帰ったらうがい・手洗いは基本です。ヘンテコなごっこ遊びで生活習慣も身につけられます。

<洗濯機ごっこ>
どうやったら洗濯機になるかを、親子で相談しています。話し合って特徴をつかむのも大切な時間です。また、道具をどう使うかもポイント。随分大きな洗濯物がやってきてちょっとびっくりしました。

<おまけ:ランドセルごっこ>
これは娘の思いつきです。なかなか良いアイデアです。
※腕や肘を引っ張らないようにご注意ください。

他にもいろいろと思いつくままにやってみてください。家のものに限らず「動物」になってみても良いですし、想像力を働かせて「お野菜」などになってみるのも楽しいかもしれません。なりきったものの気持ちを想像して、お話を作るのも面白い。

 

ごっこ遊びは、情緒を養う、社会性を育むと言われます。ヘンテコごっこ遊びはよく観察すること、自分の体だけでどうしたら表現できるかを試行錯誤すること、そして想像すること、といった能力も身につくかも(?)しれません。社会性というのはいわば他者と関わりを持ちながら、生活をしていくためのルールのようなもの。ヘンテコごっこ遊びでなら、なりきるものがおしゃべりをすることもできますから、ごっこ遊びのお話の中で楽しく身につけるのも良いかもしれませんね。

しゃべる洗面台になりきって「遊んだら手を洗いましょう」と話しかけたりすることもできます。
時計になりきって「7時だからお着替えの時間です」とか。

親子で一緒になりきるものを観察したり、特徴を話あいながら楽しんでください。はちゃめちゃになっても構いません。楽しいのが一番!

 

遊んでみた様子を、ぜひ#takeruide  #VERYこども遊び研究所 のハッシュタグをつけてInstagramにアップしてくださいね!

\教えてくれたのは/

◉井出武尊さん Takeru IDE
2004年東京藝術大学先端芸術表現科卒業。子どもと遊びの企業にて多数のプロジェクトに携わり、15年以上にわたって子どもの遊具や遊び場のデザインを手がける。幼少期における表現活動の重要性を感じており、遊びのプログラムの開発、ノウハウの提供、情報発信などに幅広く従事。子どもの表現教育のためのミュージアム設立が目標。2021年1月現在、5歳の娘と毎日遊ぶ様子がSNSを通じてママたちの関心を集めている。Instagram:@takeru_ide

この記事もおすすめ

FEATURE