VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

簡単10分&食材3つで完成!「豚とキャベツのとろろ鍋」

おうち時間が増え、毎日の料理に頭を悩ませている方も多いと思います。今月のテーマは『1品で栄養満点ごはん』。一品でおかずとして、栄養も摂れるレシピをご紹介します!

今回は「豚とキャベツのとろろ鍋」。疲労回復におすすめの豚肉は、ももやロースなど脂身の少ない部分が消化に優しくヘルシーです。また、山芋は「山薬(さんやく)」と呼ばれる生薬でもある食材で、疲労回復や滋養強壮、免疫力アップの効果も期待できます。最近食べ過ぎているな…という時は単品で。鍋の締めにはうどんを入れるのもおすすめです。

疲労回復におすすめ!
豚とキャベツのとろろ鍋」

 

◉調理時間:約10分

 

◉材料(3~4人分)

・豚もも薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)200g
・キャベツ 1/4玉(200~250g)
・山芋 10センチ(300g)
・〈A〉だし汁 4カップ
・〈A〉醤油 大さじ2
・〈A〉酒、みりん 各大さじ1
・〈A〉塩 小さじ1/2
・柚子胡椒(お好みで) 適量

 

◉作り方

①キャベツは千切りにする。山芋はすりおろす。豚肉は大きければ食べやすい大きさに切る。

 

②鍋に〈A〉を中火で沸かし、豚肉を入れる。豚肉の色が変わり、アクがでたら除く。豚を片側によせ、空いたところにキャベツを加えてさっと煮立てる。火を止めて、食べる直前にとろろを加える。お好みで柚子胡椒を添えて食べる。

 

◉レシピのポイント

・豚肉、キャベツは長く煮すぎないこと。豚肉がやわらかく、キャベツの食感も楽しめます。

 

◉本日のキー食材

・山芋、豚肉…スタミナ補給、疲労回復

◉齋藤菜々子プロフィール
料理家・国際中医薬膳師。IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。著書『基本調味料で作る体にいいスープ』が好評発売中。教室情報はInstagram@nanako.yakuzenにて。

この記事もおすすめ

FEATURE