VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【人中短縮がコツ】大人の若返りリップは“マットなベージュ”一択!

服とコスメをこよなく愛するママライター・遠藤彩乃さんが、〝時短〟と〝洒落見え〟を軸に導き出したコスメ最適解。今回は、〝モテ〟から〝シャレ〟にシフトできる、ニットに合わせやすいマットリップのすすめです。

CHANEL

マットの苦手意識を払拭してくれた一本。エモリエント効果のあるホホバオイル誘導体を含み保湿効果も抜群。マザーオブパールの粒子を纏ったセミマットな質感は、まさにリップ界のカシミア!
シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット 60 ¥5,500(シャネル)

OPERA

肌がトーンアップして見えるオレンジ寄りのキャメルベージュ。独自の保湿膜で透けながら色づくエフォートレスな仕上がりで、ニットの他スウェットにもマッチ。U¥2,000とコスパも最強。
オペラ シアーマットリップスティック 03 ¥1,980(イミュ)

SNIDEL BEAUTY

天然由来ワックスやオイルにパウダーを配合したハーフマットリップ。若者専用ブランドかと思いきや、高級感のあるパケ、縦ジワをカバーしながらぴたっと密着する使用感、精油のほのかな香りに癒されるつけ心地と予想外にアラフォーフレンドリーで感激!
スナイデル ルージュ スナイデル マット 01 ¥3,080(スナイデル ビューティ)

AYANO’s POINT

☑︎ 唇の治安第一優先の荒れにくい処方

☑︎ 色はニュートラルなベージュ一択

☑︎ 秘技・上唇ぼかし塗りで人中短縮!

見た目のジェンダーレス化が進む私にとって、「口紅」は最後に残された女性性の砦と言えるかもしれません。無くしたり、買い足したりして常時約30本の精鋭を気分やコンディションによって使い分けているのですが、冬、ニットの季節になると登場頻度が上がるのがマットなリップ。今季また流行っているモヘヤニットが、ともすればぶりっこ(死語)に見えてしまう昭和世代。かつてはモヘヤ×グロス=モテとしていた方程式を少し変えて、マットリップに差し替えてみるとあら不思議。=シャレに答えが変わり、新しい気持ちで今年のモヘヤと向き合うことができます。

色はベージュを選び、服の甘さを引き算するのもポイント。大半のマットリップは唇の水分を奪いガサガサになってしまうのがネックで、お昼を待たずして保湿系リップに切り替えることが多いのですが、今回選んだ3本は塗り心地・発色ともに極めて優秀。上から塗り直してもモロモロせず良い状態を保てます。フォギーな質感を活かして上唇をオーバーぎみに塗り指でぼかすと、加齢により伸びてきた人中がキュッと縮まって若見え効果も。脳内でこれだけ計算し、やっとの思いでフワフワニットを着た母を「ぬいぐるみみたい!」と形容する娘の心は、あえて解き明かさないでおこうと思うのでした。

週1でデパコスパト!
月のコスメ予算は2万円

by Lee Kanghyun

ライター遠藤彩乃

出版社にファッション誌編集者として勤務。出産後VERY STOREのECを経てフリーライターに。自称・皮が薄く剝けやすい繊細な唇の持ち主で、尖りがちなマットリップとの共存を切に願う平和主義者。荒れにくい〝博愛マット〟を求めデパート・ドラバラを奔走中。

撮影/西原秀岳〈TENT〉 取材・文/遠藤彩乃 編集/翁長瑠璃子
*VERY2024年2月号「〝Automaticコスメ〟」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*服・バッグは全て遠藤さんの私物です。ブティックへのお問い合わせはお控えください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)