FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【産後の生理の不調に】頼れる“ほっこり温活”&ピル&サプリ最新情報etc.

月に1回生理がくると、イライラしたり気分が落ちたり…。PMSや生理症状由来の社会経済的負担は年間数千億円にも及ぶと言われ、産後その症状が強くなったと感じる人も多い。今回は、そんな時に頼れるフェムテックやサプリ、デリケートゾーンのケアシートなどをご紹介します。

*平成31年・経済産業省発表の「健康経営における女性の健康の取り組みについて」より。女性の月経随伴症状による年間の労働損失は4,911億円と試算される。

PMS&生理痛が起こす
社会損失は年間数千億円って本当?

ママたちの〝月1不調〟の
乗り越え方最新Tips4

月1不調を和らげる〝温活〟も
こんなに手段が広がってる!

「冷え」・「イライラ」・「肌荒れ」の生理に伴う3つの悩みに特化したバスパウダー。成分・香り・湯色違いの3種類展開。
マンスリーフレンド各¥330(ドリームズ)

火を使わずに繰り返し使えるデジタルお灸。持ち運びに便利な充電ケース付き。
フェムオンテック 温灸¥9,900(アテックス)

会陰部の近くをカイロで温めることで血流がアップするうえ、リラックス効果も期待大。ナオランジェリーらしいレースもエレガント!
レースおまたカイロ¥4,300(ナオランジェリー)

冷えやすい生理中や生理前後は特に、体を温めて血行を促しリラックスすることが大事。生理悩みに合わせた入浴剤や、火を使わず手軽にお灸ができる電子温灸など〝温活〟のアプローチも年々進化しています。中でも注目はパンティライナー型のカイロ。股の近くを流れている動脈やツボを温めることで、冷えの改善はもちろん、ホルモンバランスや自律神経を整える効果が期待でき、生理不調の改善にひと役買ってくれそうです。

お守り的ルーティンの
インナーケアは自然派に人気集中!

オリジナルブレンドのハーブティー。「毎月生理前の夜に飲むとリラックスして寝られる」との口コミ多数。
女性用ハーブティー ウーマンブレンド¥4,430(マリエン|ドイツハーブ/マリエンジャパン)

女性特有の不調にも効果的なCBD。心身ともにハードワークのママにもオススメ。
エンドカ カプセルヘンプオイル 1500mg CBD¥21,600(ビープル)

バリエ豊富

重たい時期も穏やかに過ごせるハーブ抽出液。水や白湯に溶かすだけで手軽。
エルボリステリア タンチュメール メリッサ 100g¥2,808(コスメキッチン)

根強い人気

根強い口コミ人気を誇ったこちら。11種の生薬が効いてPMSの症状を和らげてくれるから、イライラや気分の落ち込みなど、ここぞというとき頼れる逸品。
女性薬 命の母ホワイト〈第2類医薬品〉180錠¥2,824(小林製薬)

生理前に起こりがちな不安やイライラを和らげてリラックスさせてくれるとして、ルーティンにしている人が多かったインナーケア。自然派アイテムにも女性特有の不調に特化したものが多く出ているので、自分に合うものを見つけて味方につければ、月1不調も心強いはず!  更年期症状の対策で知られる「命の母」シリーズは、生理悩みをケアする〝ホワイト〟も根強い口コミ人気が。

生理中の不快感を払拭する
ソープ&シートもバリエが豊富に

繊細な泡と優しい香りで、「痒みがおさまり肌が柔らかくふっくらしてきた!」という口コミも。
ワフィト インティメイト ウォッシュ¥2,970(コスメキッチン)

1枚でしっかり拭き取りできる大判シートは、使用後はトイレに流せるのも便利。
ラエル リフレッシュシート¥880(ライフアンドビューティー バイ ジュン オンライン)

男女兼用のジェンダーレスなデリケートゾーンケアブランド。植物由来繊維100%で顔から全身まで。
メロウドット デリケートゾーンケアシート¥1,800(ライフアンドビューティー バイ ジュン オンライン)

今や洗浄、保湿ケアからホワイトニングまですっかり浸透したデリケートゾーンケア。蒸れや臭いがいつも以上に気になる生理中に頼りたいソープ&ハイジーンシートもバリエが大充実。

オンライン診療でピル処方の選択も

24時間いつでも相談可能。
タイパ抜群なエニピル

365日、24時間電話でいつでも診療可能で、診療受付けからピル処方まで最短で30分程度、早ければ翌日自宅に配送というスピード感で、忙しく通院の時間が取りづらいママにも最適。https://anypill.skinsia.clinic/

全員現役産婦人科医師!
初心者も安心のメデリピル

全員現役の産婦人科医が丁寧に診療してくれるから、ピル服用に不安を感じている人もトライしやすい。診療時間は平日・土日祝日10〜23時。LINEで診療予約可能。https://mederi.jp/

それでもPMSによるイライラや気分の落ち込みなど月1不調が辛い場合は、バースコントロールの観点も踏まえたうえでピル服用を選ぶママも多数いました。最近ではオンライン診療で手軽にピルを処方してもらえるサービスも増え、通院の時間が取れない人にも◎。

撮影/草間智博〈TENT〉 取材・文/川原江里菜 編集/引田沙羅
*VERY2023年11月号「ママたちの〝月1不調〟の乗り越え方 最新Tips9」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2024

June 2024

2024年5月7日発売

980円(税込)

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

2024年5月7日発売

1060円(税込)